Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

7.2. Image Builder のインストール

Image Builder は、カスタムのシステムイメージを作成するツールです。Image Builder を使用する前に、仮想マシンで Image Builder をインストールする必要があります。

7.2.1. Image Builder のシステム要件

Image Builder を実行する環境 (専用の仮想マシンなど) は、次の表に記載されている要件を満たす必要があります。

表7.3 Image Builder のシステム要件

パラメーター最低要求値

システムのタイプ

専用の仮想マシン。Image Builder は、Red Hat Universal Base Images (UBI) を含むコンテナーではサポートされていないことに注意してください。

プロセッサー

2 コア

メモリー

4 GiB

ディスク容量

/var ファイルシステムに 20 GiB の空き容量

アクセス権限

管理者レベル (root)

ネットワーク

インターネット接続

注記

インターネット接続がない場合は、Red Hat Content Delivery Network (CDN) に接続しないように再設定すれば、隔離されたネットワークで Image Builder を使用できます。そのためには、ローカルリポジトリーを指すようにデフォルトのリポジトリーをオーバーライドする必要があります。コンテンツが内部でミラーリングされていることを確認するか、Red Hat Satellite を使用してください。詳細は、Managing repositories を参照してください。

7.2.2. 仮想マシンへの Image Builder のインストール

Image Builder を専用の仮想マシン (VM) にインストールするには、以下の手順を行います。

前提条件

  • RHEL VM に接続している。
  • Image Builder 用の VM が実行中であり、Red Hat Subscription Manager (RHSM) または Red Hat Satellite にサブスクライブしている必要があります。

手順

  1. Image Builder とその他の必要なパッケージを VM にインストールします。

    • osbuild-composer - RHEL 8.3 以降でサポート
    • composer-cli
    • cockpit-composer
    • bash-completion
    # yum install osbuild-composer composer-cli cockpit-composer bash-completion

    Web コンソールは、cockpit-composer パッケージの依存関係としてインストールされます。

  2. システムを再起動するたびに、Image Builder が起動するようにします。

    # systemctl enable --now osbuild-composer.socket
    # systemctl enable --now cockpit.socket

    osbuild-composer および cockpit サービスは、最初のアクセスで自動的に起動します。

  3. システムを再起動しなくても、composer-cli コマンドのオートコンプリート機能がすぐに動作するように、シェル設定スクリプトを読み込みます。

    $ source /etc/bash_completion.d/composer-cli
重要

osbuild-composer パッケージは、Red Hat Enterprise Linux 8.3 以降の新機能すべてに焦点を当てた新しいバックエンドエンジンで、デフォルト設定として推奨されています。以前のバックエンドの lorax-composer は非推奨となり、Red Hat Enterprise Linux 8 ライフサイクルの残りの期間、一部の修正のみを受信し、今後のメジャーリリースから削除される予定です。osbuild-composer を優先するには、lorax-composer のアンインストールを推奨します。

検証

システムジャーナルを使用して、Image Builder サービスアクティビティーを追跡できます。さらに、ファイル内のログメッセージを見つけることができます。

  • トレースバックのジャーナル出力を見つけるには、次のコマンドを実行します。

    $ journalctl | grep osbuild
  • リモートワーカーとローカルワーカーの両方を表示するには:

    $ journalctl -u osbuild-worker*
  • 実行中のサービスを表示するには:

    $ journalctl -u osbuild-composer.service

7.2.3. lorax-composer Image Builder バックエンドに戻す手順

osbuild-composer バックエンドは、はるかに拡張性が高くなっていますが、現時点では以前の lorax-composer バックエンドとの機能パリティーがありません。

以前のバックエンドに戻すには、以下の手順に従います。

前提条件

  • osbuild-composer パッケージがインストールされている。

手順

  1. osbuild-composer バックエンドを削除します。

    # yum remove osbuild-composer
    # yum remove weldr-client
  2. /etc/yum.conf ファイルで、osbuild-composer パッケージの除外エントリーを追加します。

    # cat /etc/yum.conf
    [main]
    gpgcheck=1
    installonly_limit=3
    clean_requirements_on_remove=True
    best=True
    skip_if_unavailable=False
    exclude=osbuild-composer weldr-client
  3. lorax-composer パッケージをインストールします。

    # yum install lorax-composer composer-cli
  4. lorax-composer サービスを有効にして開始し、再起動するたびに開始します。

    # systemctl enable --now lorax-composer.socket
    # systemctl start lorax-composer