Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

H.5. ストレージを処理するキックスタートコマンド

本セクションのキックスタートコマンドは、デバイス、ディスク、パーティション、LVM、ファイルシステムなど、ストレージの設定を行います。

H.5.1. device (非推奨)

キックスタートコマンドの device は任意です。追加のカーネルモジュールを読み込むのに使用します。

ほとんどの PCI システムでは、イーサネットカードや SCSI カードが自動検出されます。ただし、旧式のシステムや一部の PCI では、適切なデバイスを検出できるようキックスタートにヒントを追加する必要があります。追加モジュールをインストールするようにインストールプログラムに指示する device コマンドは、以下の形式を使用します。

構文

device moduleName --opts=options

オプション

  • moduleName - インストールが必要なカーネルモジュール名に置き換えます。
  • --opts= - カーネルモジュールに渡すオプションです。以下に例を示します。

    device --opts="aic152x=0x340 io=11"