Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

27.8. 共有ストレージファイルシステム

クラスターファイルシステムとも呼ばれる共有ストレージファイルシステムにより、クラスター内の各サーバーは、ローカルストレージエリアネットワーク (SAN) を介して共有ブロックデバイスに直接アクセスできます。

ネットワークファイルシステムとの比較

クライアント/サーバーのファイルシステムと同様、共有ストレージファイルシステムは、クラスターのすべてのメンバーであるサーバーのセットで機能します。ただし、NFS とは異なり、1 台のサーバーでは、その他のメンバーにデータまたはメタデータへのアクセスを提供しません。クラスターの各メンバーが同じストレージデバイス (共有ストレージ) に直接アクセスし、すべてのクラスターメンバーノードが同じファイルセットにアクセスできるようになります。

同時並行性

キャッシュの一貫性は、データの一貫性と整合性を確保するためにクラスター化されたファイルシステムで重要になります。クラスター内のすべてのノードに表示される、クラスター内のすべてのファイルのバージョンが 1 つ必要です。ファイルシステムは、クラスターのメンバーが同じストレージブロックを同時に更新して、データ破損を引き起こさないようにする必要があります。共有ストレージファイルシステムは、クラスター全体のロックメカニズムを使用して、同時実行制御メカニズムとしてストレージへのアクセスを調整します。たとえば、新しいファイルを作成したり、複数のサーバーで開いているファイルに書き込む前に、サーバーにあるファイルシステムコンポーネントが正しいロックを取得する必要があります。

クラスターファイルシステムの要件は、Apache Web サーバーのような可用性の高いサービスを提供することです。クラスターのすべてのメンバーに、共有ディスクのファイルシステムに保存されているデータに関する、完全に一貫した表示が提供され、すべての更新がロックメカニズムにより正しく調整されます。

パフォーマンスの特徴

共有ディスクファイルシステムは、ロックオーバーヘッドの計算コストのため、同じシステムで実行しているローカルファイルシステムと同じように機能するとは限りません。共有ディスクのファイルシステムは、各ノードが、その他のノードと共有していない特定のファイルセットにほぼ排他的に書き込むか、ファイルセットが、ノードセット間でほぼ排他的に読み取り専用で共有されるワークロードで良好に機能します。これにより、ノード間のキャッシュの無効化が最小限に抑えられ、パフォーマンスを最大化できます。

共有ディスクファイルシステムの設定は複雑で、共有ディスクのファイルシステムで適切に動作するようにアプリケーションを調整することが困難な場合があります。

利用可能な共有ストレージファイルシステム

  • Red Hat Enterprise Linux は、GFS2 ファイルシステムを提供します。GFS2 は、Red Hat Enterprise Linux High Availability Add-On および Resilient Storage Add-On と密接に統合されています。

    Red Hat Enterprise Linux は、サイズが 2 から 16 のノードで、GFS2 に対応します。