Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第4章 インストールのカスタマイズ

Red Hat Enterprise Linux をインストールする場合は、インストール概要 ウィンドウを使用して、場所、ソフトウェア、およびシステム設定およびパラメーターをカスタマイズできます。

インストール概要画面 には、以下のカテゴリーが含まれます。

  • ローカライゼーション - キーボード、言語サポート、および時間と日付を設定できます。
  • SOFTWARE - Connect to Red Hat、インストールソース、およびソフトウェアの選択を設定できます。
  • システム - インストール先、KDUMP、ネットワークおよびホスト名、およびセキュリティーポリシーを設定できます。
  • USER SETTINGS - システム管理タスクに使用する管理者アカウントにログインするように root パスワードを設定し、システムにログインするユーザーアカウントを作成できます。

カテゴリーは、インストールプログラムのどこにあるかによって、ステータスが異なります。

表4.1 カテゴリーのステータス

カテゴリーのステータス状態説明

警告シンボル 1

感嘆符と赤いテキストが付いた黄色の三角形

インストールする前に注意が必要です。たとえば、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) から登録してダウンロードする前に、ネットワークおよびホスト名を確認する必要があります。

警告シンボル 2

灰色で警告マークが付いたもの (感嘆符付きの黄色の三角形)

インストールプログラムがカテゴリーを設定しているため、カテゴリーが終了しないとその画面にアクセスできません。

注記

インストール概要 画面の下部には警告メッセージが表示され、インストールの開始 ボタンは、必要なカテゴリーがすべて設定されるまで無効になっています。

本セクションは、グラフィカルユーザーインターフェース (GUI) を使用した Red Hat Enterprise Linux インストールのカスタマイズを説明します。GUI は、CD、DVD、または USB フラッシュドライブから、もしくは PXE を使用してネットワークからシステムを起動する場合に、Red Hat Enterprise Linux をインストールするのに推奨される方法です。

注記

オンラインヘルプと、カスタマーポータルで公開している内容に矛盾がある可能性もあります。最新の更新は、カスタマーポータルのインストールコンテンツを参照してください。

4.1. 言語およびロケーションの設定

インストールプログラムは、インストール時に選択した言語を使用します。

前提条件

  1. インストールメディアを作成している。
  2. Boot ISO イメージファイルを使用してインストールソースを指定している。
  3. インストーラーを起動している。

手順

  1. Welcome to Red Hat Enterprise Linux 画面の左側のペインで、言語を選択します。または、検索 フィールドに、希望の言語を入力します。

    注記

    言語は、デフォルトで設定されています。ネットワークアクセスが設定されている、つまりローカルメディアではなくネットワークサーバーからシステムを起動した場合、事前選択の言語は、GeoIP モジュールの位置自動検出機能により決定します。起動コマンドライン、または PXE サーバー設定で inst.lang= オプションを使用した場合は、起動オプションで定義した言語が選択されます。

  2. Red Hat Enterprise Linux へようこそ 画面の右側のペインから、お住まいの地域に合ったロケーションを選択してください。
  3. Continue をクリックし、4章インストールのカスタマイズ ウィンドウに進みます。

    重要

    Red Hat Enterprise Linux のプレリリース版をインストールしようとしている場合は、インストールメディアのプレリリースステータスに関する警告メッセージが表示されます。I want to proceed をクリックしてインストールを続行するか、I want to exit を選択してインストールを終了して、システムを再起動します。

関連情報

インストールプログラム時に言語およびロケーション設定を変更する方法は、を参照してください。 「ローカライゼーションオプションの設定」