Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

42.10. ファームウェア支援ダンプの仕組み

ファームウェア支援ダンプ (fadump) は、IBM POWER システムの kdump メカニズムの代わりに提供されるダンプ取得メカニズムです。kexec および kdump のメカニズムは、AMD64 および Intel 64 システムでコアダンプを取得する際に役立ちます。ただし、最小システムやメインフレームコンピューターなどの一部のハードウェアでは、オンボードファームウェアを活用してメモリー領域を分離して、クラッシュ分析に重要なデータが誤って上書きされないようにします。本セクションでは、fadump メカニズムと RHEL との統合方法を説明します。fadump ユーティリティーは、IBM POWER システムで拡張されたダンプ機能に対して最適化されています。

42.10.1. IBM PowerPC ハードウェアにおけるファームウェア支援ダンプ

fadump ユーティリティーは、PCI デバイスおよび I/O デバイスが搭載され、完全にリセットされたシステムから vmcore ファイルをキャプチャーします。この仕組みでは、クラッシュするとファームウェアを使用してメモリー領域を保存し、kdump ユーザー空間スクリプトをもう一度使用して vmcore ファイルを保存します。このメモリー領域には、ブートメモリー、システムレジスター、およびハードウェアのページテーブルエントリー (PTE) を除く、すべてのシステムメモリーコンテンツが含まれます。

fadump メカニズムは、パーティションを再起動し、新規カーネルを使用して以前のカーネルクラッシュからのデータをダンプすることで従来のダンプタイプに比べて信頼性が向上されています。fadump には、IBM POWER6 プロセッサーベースまたはそれ以降バージョンのハードウェアプラットフォームが必要です。

PowerPC 固有のハードウェアのリセット方法など、fadump メカニズムの詳細は、/usr/share/doc/kexec-tools/fadump-howto.txt ファイルを参照してください。

注記

保持されないメモリー領域はブートメモリーと呼ばれており、この領域はクラッシュ後にカーネルを正常に起動するのに必要なメモリー容量です。デフォルトのブートメモリーサイズは、256 MB または全システム RAM の 5% のいずれか大きい方です。

kexec で開始されたイベントとは異なり、fadump メカニズムでは実稼働用のカーネルを使用してクラッシュダンプを復元します。PowerPC ハードウェアは、クラッシュ後の起動時に、デバイスノード /proc/device-tree/rtas/ibm.kernel-dumpproc ファイルシステム (procfs) で利用できるようにします。fadump-aware kdump スクリプトでは、保存された vmcore があるかを確認してから、システムの再起動を正常に完了させます。