Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

42.5. サポートしている kdump の設定とダンプ出力先

42.5.1. kdump メモリー要件

kdump でカーネルクラッシュのダンプをキャプチャーして分析のため保存するには、キャプチャーカーネル用にシステムメモリーの一部を永続的に予約しておく必要があります。予約されている場合、システムメモリーのこの部分はメインカーネルでは使用できません。

メモリー要件は、特定のシステムパラメーターによって異なります。主な要因は、システムのハードウェアアーキテクチャーです。正確なマシンアーキテクチャー (Intel 64 や AMD64 (x86_64) など) を調べ、それを標準出力に出力するには、以下のコマンドを使用します。

$ uname -m

以下の表には、kdump 用のメモリーサイズを自動で予約する最小メモリー要件の一覧が含まれます。システムのアーキテクチャーと利用可能な物理メモリーの合計に応じて、サイズが変更されます。

表42.1 kdump 用に必要な最小予約メモリー

アーキテクチャー使用可能なメモリー最小予約メモリー

AMD64 と Intel 64 (x86_64)

1 GB から 4 GB

160 MB のメモリー

4 GB から 64 GB

192 MB のメモリー

64 GB から 1 TB

256 MB のメモリー

1TB 以上

512 MB のメモリー

64 ビット ARM アーキテクチャー (arm64)

2 GB 以上

448 MB のメモリー

IBM Power Systems (ppc64le)

2 GB から 4 GB

384 MB のメモリー

4 GB から 16 GB

512 MB のメモリー

16 GB から 64 GB

1 GB のメモリー

64 GB から 128 GB

2 GB のメモリー

128 GB 以上

4 GB のメモリー

IBM Z (s390x)

1 GB から 4 GB

160 MB のメモリー

4 GB から 64 GB

192 MB のメモリー

64 GB から 1 TB

256 MB のメモリー

1TB 以上

512 MB のメモリー

多くのシステムでは、kdump は必要なメモリー量を予測して、自動的に予約できます。この動作はデフォルトで有効になっていますが、利用可能なメモリー合計量が一定以上あるシステムでのみ動作します。これは、システムのアーキテクチャーによって異なります。

重要

システムのメモリー合計量に基づく予約メモリーの自動設定は、ベストエフォート予測です。実際に必要なメモリーは、I/O デバイスなどの他の要素により異なる場合があります。メモリーが十分でない場合は、カーネルパニックが発生したときにデバッグカーネルがキャプチャーカーネルとして起動できなくなる可能性があります。この問題を回避するには、クラッシュカーネルメモリーを十分なサイズにします。

関連情報