Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

5.2. コマンドラインでシステムの登録

本セクションは、コマンドラインで Red Hat Enterprise Linux 8 システムを登録する方法を説明します。

注記

システムを自動登録すると、サブスクリプションサービスは、システムが物理システムまたは仮想システムであるかと、システムにあるソケット数を確認します。通常、物理システムはエンタイトルメントを 2 つを使用し、仮想システムは 1 つ使用します。システムのソケット 2 個に対して、エンタイトルメントが 1 つ必要です。

前提条件

  • アクティブで、評価版ではない Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションを持っている。
  • Red Hat のサブスクリプションステータスを確認している。
  • Red Hat Enterprise Linux 8 サブスクリプションを受け取ったことがない。
  • カスタマーポータルからエンタイトルメントをダウンロードする前に、サブスクリプションをアクティベートしている。使用が予定されているインスタンスごとに、エンタイトルメントが 1 つ必要です。サブスクリプションのアクティベートに関するご質問は、Red Hat カスタマーサービスにお問い合わせください。
  • Red Hat Enterprise Linux 8  システムを正常にインストールし、ログインしている。

手順

  1. 端末ウィンドウを開き、Red Hat カスタマーポータルのユーザー名とパスワードを使用してサブスクリプションを登録します。

    # subscription-manager register --username [username] --password [password]
  2. サブスクリプションが正常に登録されると、次の例のような出力が表示されます。

    # The system has been registered with ID: 123456abcdef
    # The registered system name is: localhost.localdomain
  3. システムのロールを設定します。次に例を示します。

    # subscription-manager role --set="Red Hat Enterprise Linux Server"
    注記

    利用可能なロールは、組織が購入したサブスクリプションと、RHEL 8 システムのアーキテクチャーによって異なります。Red Hat Enterprise Linux Server ロール、Red Hat Enterprise Linux Workstation ロール、または Red Hat Enterprise Linux Compute Node ロールのいずれかを設定できます。

  4. システムのサービスレベルを設定します。次に例を示します。

    # subscription-manager service-level --set="Premium"
  5. たとえば、システムの使用目的を設定します。

    # subscription-manager usage --set="Production"
  6. ホストシステムのアーキテクチャーに一致するエンタイトルメントに、システムを登録します。

    # subscription-manager attach
  7. サブスクリプションが正常に登録されると、次のような出力が表示されます。

    Installed Product Current Status:
    Product Name: Red Hat Enterprise Linux for x86_64
    Status: Subscribed
    注記

    root 権限でシステムにログインして Subscription Manager グラフィカルユーザーインターフェースを使用し、Red Hat Enterprise Linux 8 を登録することもできます。