Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

付録J キックスタートのコマンドおよびオプションの参照

ここでは、Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムがサポートするキックスタートコマンドの一覧を提供します。コマンドは、いくつかのカテゴリーに分かれ、アルファベット順に記載されています。コマンドが複数のカテゴリーに該当する場合は、該当するすべてのカテゴリーに記載されます。

J.1. キックスタートの変更

以下のセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 8 におけるキックスタートコマンドおよびオプションの変更を説明します。

RHEL 8 で auth または authconfig が非推奨に

authconfig ツールおよびパッケージが削除されたため、Red Hat Enterprise Linux 8 では、キックスタートコマンドの auth または authconfig が非推奨になっています。

コマンドラインで実行した authconfig コマンドと同様、キックスタートスクリプトの authconfig コマンドが authselect-compat ツールを使用して、新しい authselect ツールを実行するようになりました。この互換性層や、その既知の問題の説明は、authselect-migration(7) の man ページを参照してください。このインストールプログラムは、非推奨のコマンドの使用を自動的に検出し、互換性層を提供する authselect-compat パッケージをインストールします。

キックスタートで Btrfs がサポート対象外に

Red Hat Enterprise Linux 8 は、Btrfs ファイルシステムに対応していません。そのため、グラフィカルユーザーインターフェイス (GUI) およびキックスタートコマンドが Btrfs に対応しなくなりました。

以前の RHEL リリースのキックスタートファイルの使用

以前の RHEL リリースのキックスタートファイルを使用する場合は、Red Hat Enterprise Linux 8 BaseOS リポジトリーおよび AppStream リポジトリーの詳細について、Considerations in adopting RHEL 8Repositories のセクションを参照してください。

J.1.1. キックスタートで非推奨になったコマンドおよびオプション

次のキックスタートのコマンドとオプションが、Red Hat Enterprise Linux 8 で非推奨になりました。

特定のオプションだけがリスト表示されている場合は、基本コマンドおよびその他のオプションは引き続き利用でき、非推奨ではありません。

  • auth または authconfig (代わりに authselect を使用)
  • device
  • deviceprobe
  • dmraid
  • install - サブコマンドまたはメソッドをそのままコマンドとして使用します。
  • multipath
  • bootloader --upgrade
  • ignoredisk --interactive
  • partition --active
  • reboot --kexec
  • syspurpose - 代わりに subscription-manager syspurpose を使用してください

auth コマンドまたは authconfig コマンドを除き、キックスタートファイルのコマンドを使用すると、ログに警告が出力されます。

inst.ksstrict ブートオプションで、auth コマンドまたは authconfig コマンドを除いた非推奨のコマンドの警告をエラーに変えることができます。

J.1.2. キックスタートから削除されたコマンドおよびオプション

次のキックスタートのコマンドとオプションが、Red Hat Enterprise Linux 8 から完全に削除されました。キックスタートファイルでこれを使用すると、エラーが発生します。

  • device
  • deviceprobe
  • dmraid
  • install - サブコマンドまたはメソッドをそのままコマンドとして使用します。
  • multipath
  • bootloader --upgrade
  • ignoredisk --interactive
  • partition --active
  • harddrive --biospart
  • upgrade (このコマンドはすでに非推奨になっています)
  • btrfs
  • part/partition btrfs
  • part --fstype btrfs または partition --fstype btrfs
  • logvol --fstype btrfs
  • raid --fstype btrfs
  • unsupported_hardware

特定のオプションおよび値だけが表示されている場合は、基本コマンドおよびその他のオプションは引き続き利用でき、削除されません。