Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

44.7. 名前空間とは

名前空間は、ソフトウェアオブジェクトを整理および特定するための最も重要な方法の 1 つです。

名前空間は、グローバルシステムリソース (マウントポイント、ネットワークデバイス、ホスト名など) を抽象化してラップすることで、グローバルリソースごとに分離されたインスタンスを含む対象の名前空間にプロセスを表示させることができます。名前空間を使用する最も一般的なテクノロジーの 1 つとしてコンテナーが挙げられます。

特定のグローバルリソースへの変更は、その名前空間のプロセスにのみ表示され、残りのシステムまたは他の名前空間には影響しません。

プロセスがどの名前空間に所属するかを確認するには、/proc/<PID>/ns/ ディレクトリーのシンボリックリンクを確認します。

以下の表は、分離されるサポート対象の名前空間およびリソースを示しています。

名前空間分離

Mount

マウントポイント

UTS

ホスト名および NIS ドメイン名

IPC

System V IPC、POSIX メッセージキュー

PID

プロセス ID

Network

ネットワークデバイス、スタック、ポートなど。

User

ユーザーおよびグループ ID

Control groups

コントロールグループの root ディレクトリー

関連情報