Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

付録A トラブルシューティング

以下のセクションでは、インストールプロセスの各段階で問題を診断するのに役に立つさまざまなトラブルシューティング情報を説明します。

A.1. インストールプロセス開始時のトラブルシューティング

以下のセクションのトラブルシューティング情報は、インストールプロセスの開始時に問題を診断する際に役に立つ場合があります。以下のセクションは、サポートしているすべてのアーキテクチャーに対応します。ただし、問題が特定のアーキテクチャーに関する場合は、セクションの冒頭にその旨が記載されます。

A.1.1. Dracut

Dracut は、Linux オペレーティングシステムの起動プロセス時に initramfs イメージを管理するツールです。dracut の緊急シェルは、initramfs イメージが読み込まれる際に開始できるインタラクティブモードです。dracut の緊急シェルから基本的なトラブルシューティングコマンドを実行できます。詳細は、man ページの dracutTroubleshooting セクションを参照してください。

A.1.2. インストールログファイルの使用

デバッグの目的で、インストールプログラムは、/tmp ディレクトリーにあるファイルに、インストールアクションのログを記録します。以下の表は、ログファイルの一覧です。

表A.1 インストール時に生成されるログファイル

ログファイル内容

/tmp/anaconda.log

一般メッセージ

/tmp/program.log

インストール時に実行したすべての外部プログラム

/tmp/storage.log

ストレージモジュールの詳細情報

/tmp/packaging.log

yum パッケージおよび rpm パッケージのインストールメッセージ

/tmp/dbus.log

インストールプログラムモジュールに使用される dbus セッションに関する情報

/tmp/ifcfg.log

ネットワークスクリプトに関する情報

/tmp/sensitive-info.log

他のログに含まれず、インストール後のシステムにコピーされない設定情報

/tmp/syslog

ハードウェア関連のシステムメッセージ

インストールが失敗すると、メッセージは /tmp/anaconda-tb-identifier で一元管理されます。identifier はランダムな文字列になります。インストールに成功すると、このファイルは /var/log/anaconda/ ディレクトリー下のインストール済みシステムにコピーされます。ただし、インストールが失敗した場合、またはインストールシステムの起動時に inst.nosave=all オプションまたは inst.nosave=logs オプションを使用すると、ログはインストールプログラムの RAM ディスクにのみ存在します。これは、ログが永続的に保存されず、システムの電源が切れると失われることを意味します。永続的に保存するには、ファイルをネットワーク上の別のシステムにコピーするか、マウントしたストレージデバイス (USB フラッシュドライブなど) にコピーします。

A.1.2.1. インストール前のログファイルの作成

この手順に従って、インストールプロセスを開始する前にログファイルを作成する inst.debug オプションを設定します。このログファイルには、たとえば現在のストレージ設定が含まれます。

前提条件

  • Red Hat Enterprise Linux 起動メニューが表示されます。

手順

  1. 起動メニューから Install Red Hat Enterprise Linux オプションを選択します。
  2. BIOS ベースのシステムで Tab キーを押します。または UEFI ベースのシステムで e キーを押して、選択した起動オプションを編集します。
  3. オプションに inst.debug を追加します。以下に例を示します。

    vmlinuz ... inst.debug
  4. キーボードの Enter キーを押します。システムが、インストール前のログファイルを /tmp/pre-anaconda-logs/ ディレクトリーに保存し、インストールプログラムが開始します。
  5. ログファイルにアクセスするには、コンソールに切り替えます。
  6. /tmp/pre-anaconda-logs/ ディレクトリーに移動します。

    # cd /tmp/pre-anaconda-logs/

A.1.2.2. インストールログファイルを USB ドライブへ転送

以下の手順に従って、インストールログファイルを USB ドライブに転送します。

前提条件

  • この手順を行う前に、USB ドライブのデータのバックアップを作成する。
  • root アカウントにログインし、インストールプログラムの一時ファイルシステムにアクセスできるようにする。

手順

  1. Ctrl + Alt + F2 を押して、インストールするシステムのシェルプロンプトにアクセスします。
  2. USB フラッシュドライブをシステムに接続し、dmesg コマンドを実行します。

    # dmesg

    最近の全イベントの詳細を記録したログが表示されます。このログの最後に、一連のメッセージが表示されます。以下に例を示します。

    [ 170.171135] sd 5:0:0:0: [sdb] Attached SCSI removable disk
  3. 接続したデバイスの名前を書き留めます。上記の例では sdb です。
  4. /mnt ディレクトリーに移動し、USB ドライブのマウントターゲットとして機能する新規ディレクトリーを作成します。この例では usb という名前を使用します。

    # mkdir usb
  5. USB フラッシュドライブを、新たに作成したディレクトリーにマウントします。ほとんどの場合、ドライブ全体ではなく、ドライブのパーティションをマウントする必要があります。sdb の名前は使用せず、ログファイルを書き込むパーティションの名前を使用してください。この例では、sdb1 という名前を使用します。

    # mount /dev/sdb1 /mnt/usb
  6. デバイスにアクセスし、そのコンテンツを一覧表示して、正しいデバイスをマウントしたことを確認します。

    # cd /mnt/usb
    # ls
  7. ログファイルを、マウントしたデバイスにコピーします。

    # cp /tmp/*log /mnt/usb
  8. USB フラッシュドライブのマウントを解除します。ターゲットがビジーであるというエラーメッセージが表示された場合は、作業ディレクトリーをマウント外 (たとえば /) に変更します。

    # umount /mnt/usb

A.1.2.3. ネットワーク経由でインストールログファイルの転送

以下の手順に従って、インストールログファイルをネットワーク経由で転送します。

前提条件

  • root アカウントにログインし、インストールプログラムの一時ファイルシステムにアクセスできるようにする。

手順

  1. Ctrl + Alt + F2 を押して、インストールするシステムのシェルプロンプトにアクセスします。
  2. ログファイルが格納されている /tmp ディレクトリーに移動します。

    # cd /tmp
  3. scp コマンドを使用して、ネットワーク経由でログファイルを別のシステムにコピーします。

    # scp *log user@address:path
    1. user には、ターゲットシステムの有効なユーザー名を入力します。address には、ターゲットシステムのアドレスまたはホスト名を入力します。path には、ログファイルを保存するディレクトリーへのパスを入力します。たとえば、IP アドレスが 192.168.0.122 のシステムに john としてログインし、ログファイルをそのシステムの /home/john/logs/ ディレクトリーに置く場合のコマンドは次のようになります。

      # scp *log john@192.168.0.122:/home/john/logs/

      初めてターゲットシステムに接続する際に、SSH クライアントにより、リモートシステムのフィンガープリントが正しいことと、継続するかを尋ねられます。

      The authenticity of host '192.168.0.122 (192.168.0.122)' can't be established.
      ECDSA key fingerprint is a4:60:76:eb:b2:d0:aa:23:af:3d:59:5c:de:bb:c4:42.
      Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?
    2. yes と入力し、Enter を押して続行します。プロンプトが表示されたら、有効なパスワードを入力します。ファイルは、ターゲットシステムの指定されたディレクトリーに転送されます。

A.1.3. Memtest86 アプリケーションの使用によるメモリー障害の検出

メモリー (RAM) モジュールの障害により、システムで予期しないエラーが生じる可能性があります。特定の状況では、メモリー障害は、ソフトウェアの特定の組み合わせでのみエラーが発生する可能性があります。このため、Red Hat Enterprise Linux をインストールする前に、システムのメモリーをテストする必要があります。

注記

Red Hat Enterprise Linux には、BIOS システム用の Memtest86+ メモリーテストアプリケーションのみが含まれています。UEFI システムのサポートは現在利用できません。

A.1.3.1. Memtest86 の実行

Red Hat Enterprise Linux をインストールする前に、この手順を使用して Memtest86 アプリケーションを実行して、システムのメモリー障害をテストします。

前提条件

  • Red Hat Enterprise Linux 起動メニューにアクセスしている。

手順

  1. Red Hat Enterprise Linux 起動メニューから Troubleshooting > Run a memory test を選択します。Memtest86 アプリケーション画面が表示され、テストがすぐに開始します。デフォルトでは、Memtest86 はすべてのパスで 10 個のテストを実行します。最初のパスが完了すると、画面の下部に、現在のステータスを知らせるメッセージが表示されます。その他のパスは自動的に開始します。

    Memtest86+ がエラーを検出すると、画面の中央ペインにエラーが表示され、赤で強調表示されます。メッセージには、問題を検出したテスト、障害が発生しているメモリーの場所などの詳細情報が含まれます。ほとんどの場合、10 個 すべてのテストに一度成功すれば、RAM が良好な状態であることを確認できます。ただし、まれに、最初のパスで検出されなかったエラーが、後続のパスに検出される場合があります。重要なシステムで徹底的なテストを実行するには、そのテストを一晩または数日間実行して、複数のパスを完了します。

    注記

    Memtest86+ の 1 回の完全パスを完了するのにかかる時間は、システムの構成、特に RAM のサイズと速度により異なります。たとえば、667 MHz で 2 GiB の DDR2 メモリーを搭載したシステムでは、1 回のパスが完了するまでに 20 分かかります。

  2. 必要に応じて、画面上の指示に従って 設定 画面にアクセスし、別の設定を指定します。
  3. テストを中止してコンピューターを再起動する場合は、いつでも Esc キーを押すことができます。

関連情報

A.1.4. 起動用メディアの検証

ISO イメージの検証は、インストール時にしばしば発生する問題を回避するのに役立ちます。このソースには、ハードドライブまたは NFS サーバーに保存されている DVD イメージと ISO イメージが含まれます。以下の手順に従って、Red Hat Enterprise Linux のインストールに使用する前に、ISO ベースのインストールソースの整合性をテストします。

前提条件

  • Red Hat Enterprise Linux 起動メニューにアクセスしている。

手順

  1. 起動メニューから Test this media & install Red Hat Enterprise Linux 8.1 を選択して、起動メディアをテストします。
  2. この起動プロセスは、メディアをテストして問題を強調表示します。
  3. 必要に応じて、起動コマンドラインに rd.live.check を追加して、検証プロセスを開始できます。

A.1.5. インストール中のコンソールとロギング

Red Hat Enterprise Linux インストーラーは、tmux 端末マルチプレクサーを使用して、メインのインターフェースのほかに複数の画面を表示し、制御します。この画面は、それぞれ目的が異なり、インストールプロセス中に発生した問題をトラブルシューティングするのに使用できるさまざまなログを表示します。画面の 1 つでは、起動オプションまたはキックスタートコマンドを使用して明示的に無効にしない限り、root 権限で使用できる対話式シェルプロンプトを使用できます。

注記

一般的に、インストール関連の問題を診断する必要がなければ、デフォルトのグラフィカルインストール環境から、他の環境に移動する必要はありません。

端末マルチプレクサーは、仮想コンソール 1 で実行しています。インストール環境を、tmux に変更する場合は、Ctrl+Alt+F1 を押します。仮想コンソール 6 で実行されているメインのインストールインターフェースに戻るには、Ctrl+Alt+F6 を押します。

注記

テキストモードのインストールを選択するには、仮想コンソール 1 (tmux) を開始し、その後にコンソール 6 に切り替えると、グラフィカルインターフェースではなくシェルプロンプトが開きます。

tmux を実行しているコンソールには、利用可能な画面が 5 つあります。その内容と、キーボードショートカットは、以下の表で説明します。キーボードショートカットは 2 段階となっており、最初に Ctrl+b を押し、両方のキーを離してから、使用する画面で数字キーを押す必要があります。

また、Ctrl+b nAlt+ Tab、および Ctrl+b p を使用して、次または前の tmux 画面に切り替えることもできます。

表A.2 利用可能な tmux 画面

ショートカット内容

Ctrl+b 1

メインのインストールプログラム画面。テキストベースのプロンプト (テキストモードのインストール中もしくは VNC Direct モードを使用の場合) とデバッグ情報があります。

Ctrl+b 2

root 権限のある対話式シェルプロンプト。

Ctrl+b 3

インストールログ - /tmp/anaconda.log に保存されているメッセージを表示します。

Ctrl+b 4

ストレージログ - /tmp/storage.log に保存されているストレージデバイスおよび設定に関連するメッセージを表示します。

Ctrl+b 5

プログラムログ - /tmp/program.log に保存されている、インストールプロセス時に実行するユーティリティーのメッセージを表示します。

A.1.6. スクリーンショットの保存

グラフィカルインストール中に Shift+Print Screen を押すと、いつでも画面をキャプチャーできます。このスクリーンショートカットは、/tmp/anaconda-screenshots に保存されます。

A.1.7. 中断されたダウンロードの再開

curl コマンドを使用して、中断したダウンロードを再開します。

前提条件

  • Red Hat カスタマーポータルの 製品ダウンロード セクション( https://access.redhat.com/downloads )に移動し、必要なバリアント、バージョン、およびアーキテクチャーを選択している。
  • 必要な ISO ファイルを右クリックし、リンク先をコピー を選択して、ISO イメージファイルの URL をクリップボードにコピーしている。

手順

  1. 新しいリンクから ISO イメージをダウンロードしてください。ダウンロードを自動的に再開するには、--continue-at - オプションを追加します。

    $ curl --output directory-path/filename.iso 'new_copied_link_location' --continue-at -
  2. ダウンロードが完了した後、イメージファイルの整合性を確認するには、sha256sum などのチェックサムユーティリティーを使用します。

    $ sha256sum rhel-8.1-x86_64-dvd.iso
    			`85a...46c rhel-8.1-x86_64-dvd.iso`

    その出力を、Red Hat Enterprise Linux の Web ページ 製品ダウンロード にある参照チェックサムと比較します。

例A.1 中断されたダウンロードの再開

以下は、部分的にダウンロードした ISO イメージに対する curl コマンドの例です。

$ curl --output _rhel-8.1-x86_64-dvd.iso 'https://access.cdn.redhat.com//content/origin/files/sha256/85/85a...46c/rhel-8.1-x86_64-dvd.iso?_auth=141...963' --continue-at -

A.1.8. グラフィカルインストールで起動できない

スマートカードの中には、Red Hat Enterprise Linux グラフィカルインストールプログラムでの起動に問題があるものがあります。インストールプログラムがデフォルト設定を使用して実行しない場合は、それより低い解像度モードでの実行を試みます。これに失敗すると、インストールプログラムはテキストモードでの実行を試みます。ディスプレイの問題を解決するソリューションは複数あります。そのほとんどは、カスタムの起動オプションを指定する必要があります。詳細は、「コンソール起動オプション」を参照してください。

表A.3 ソリューション

ソリューション説明

基本的なグラフィックモードを使用する

基本的なグラフィックスドライバーを使用して、インストールの実行を試みることができます。これを行うには、起動メニューから Troubleshooting > Install Red Hat Enterprise Linux 8.1 in basic graphics mode を選択するか、インストールプログラムの起動オプションを編集して、コマンドラインの末尾に inst.xdriver=vesa を追加します。

ディスプレイの解像度を手動で指定する

インストールプログラムが画面の解像度の検出に失敗した場合は、自動検出を無効にして手動で指定できます。これには、起動メニューに inst.resolution=x オプションを追加します。x はディスプレイの解像度 (1024x768 など) になります。

代替のビデオドライバーを使用する

インストールプログラムの自動検出を無効にして、カスタムビデオドライバーを指定できます。ドライバーを指定するには、inst.xdriver=x オプションを使用します。x は使用するデバイスドライバー (nouveau など)* です。

VNC を使用したインストールを行う

上記のオプションが失敗した場合は、仮想ネットワークコンピューティング (VNC) プロトコルを使用して、別のシステムでネットワーク経由でグラフィカルインストールにアクセスできます。VNC を使用したインストールの詳細は、高度な RHEL インストールの実行』の「VNC を使用したリモート RHEL インストールの実行 」を参照してください。

* カスタムのビデオドライバーを指定すると問題が解決する場合は、https://bugzilla.redhat.com で anaconda コンポーネントで バグ として報告してください。インストールプログラムは、ハードウェアを自動的に検出し、適切なドライバーを介入なしで使用できるようにする必要があります。