Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

8.7. キックスタートファイルの維持

キックスタートファイルで自動チェックを実行できます。通常、新規または問題のあるキックスタートファイルが有効であることを確認します。

8.7.1. キックスタートのメンテナンスツールのインストール

キックスタートのメンテナンスツールを使用するには、それを含むパッケージをインストールする必要があります。

手順

  • pykickstart パッケージをインストールします。

    # yum install pykickstart

8.7.2. キックスタートファイルの確認

ksvalidator コマンドラインユーティリティーを使用して、キックスタートファイルが有効であることを確認します。これは、キックスタートファイルに大規模な変更を加える際に便利です。ksvalidator コマンドで -v RHEL8 オプションを使用して、RHEL8 クラスの新しいコマンドを承認します。

手順

  • キックスタートファイルで ksvalidator を実行します。

    $ ksvalidator -v RHEL8 /path/to/kickstart.ks

    /path/to/kickstart.ks を、確認するキックスタートファイルのパスに置き換えます。

重要

検証ツールは、インストールの成功を保証しているわけではありません。このツールは、構文が正しく、ファイルに非推奨のオプションが含まれていないことだけを保証します。キックスタートファイルの %pre セクション、%post セクション、および %packages セクションは検証されません。

関連情報

  • ksvalidator(1) の man ページ