Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第7章 RHEL システムイメージのカスタマイズ

7.1. Image Builder の説明

システムをクラウドプラットフォームにデプロイするには、システムイメージを作成します。RHEL システムイメージを作成するには、Image Builder ツールを使用します。

7.1.1. Image Builder とは?

Image Builder を使用することで、RHEL のカスタマイズされたシステムイメージを作成できます。これには、クラウドプラットフォームへのデプロイメント用に準備されたシステムイメージが含まれます。Image Builder は、各出力タイプのセットアップの詳細を自動的に処理するため、手動でイメージを作成する方法よりも使いやすく、作業が高速です。composer-cli ツールのコマンドラインインターフェイスで Image Builder 機能、または RHEL Web コンソールでグラフィカルインターフェイスにアクセスできます。

注記

RHEL 8.3 以降では、osbuild-composer バックエンドが lorax-composer に取って代わります。新しいサービスには、イメージビルド向けの REST API が含まれます。

7.1.2. Image Builder の用語

ブループリント

ブループリントは、カスタマイズされたシステムイメージの説明です。システムの一部となるパッケージとカスタマイズが一覧表示されます。ブループリントをカスタマイズして編集し、特定のバージョンとして保存できます。ブループリントからシステムイメージを作成すると、RHEL Web コンソールのイメージビルダーインターフェイスでイメージがブループリントに関連付けられます。

ブループリントは TOML 形式で作成できます。

Compose
コンポーズは、特定のブループリントの特定のバージョンに基づいた、システムイメージの個別のビルドです。用語としての Compose は、システムイメージと、その作成、入力、メタデータ、およびそのプロセス自体のログを指します。
カスタマイズ
カスタマイズは、パッケージではないイメージの仕様です。これには、ユーザー、グループ、および SSH 鍵が含まれます。

7.1.3. Image Builder の出力形式

Image Builder は、次の表に示す出力形式でイメージを作成できます。サポートされているタイプを確認するには、次のコマンドを実行します。

# composer-cli compose types

表7.1 Image Builder の出力形式

説明CLI 名ファイル拡張子

QEMU QCOW2 イメージ

qcow2

.qcow2

tar アーカイブ

tar

.tar

Amazon Machine Image ディスクの作成

ami

.raw

Azure ディスクイメージ

vhd

.vhd

Google Cloud Platform

gce

.vhd

VMware 仮想マシンディスク

vmdk

.vmdk

Openstack

openstack

.qcow2

RHEL for Edge のコミット

edge-commit

.tar

RHEL for Edge コンテナー

edge-container

.tar

RHEL for Edge インストーラー

edge-installer

.iso

RHEL for Edge Raw

edge-raw-image

.tar

RHEL for Edge Simplified Installer

edge-simplified-installer

.iso

ISO イメージ

image-installer

.iso

7.1.4. Image Builder のシステム要件

Image Builder を実行する環境 (専用の仮想マシンなど) は、次の表に記載されている要件を満たす必要があります。

表7.2 Image Builder のシステム要件

パラメーター最低要求値

システムのタイプ

専用の仮想マシン。Image Builder は、Red Hat Universal Base Images (UBI) を含むコンテナーではサポートされていないことに注意してください。

プロセッサー

2 コア

メモリー

4 GiB

ディスク容量

/var ファイルシステムに 20 GiB の空き容量

アクセス権限

管理者レベル (root)

ネットワーク

インターネット接続

注記

インターネット接続がない場合は、Red Hat Content Delivery Network (CDN) に接続しないように再設定すれば、隔離されたネットワークで Image Builder を使用できます。そのためには、ローカルリポジトリーを指すようにデフォルトのリポジトリーをオーバーライドする必要があります。コンテンツが内部でミラーリングされていることを確認するか、Red Hat Satellite を使用してください。詳細は、Managing repositories を参照してください。