Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.7. root パスワードの設定

インストールプロセスを完了し、管理者 (スーパーユーザーまたは root としても知られている) アカウントでログインするには、root パスワードを設定する必要があります。これらのタスクには、ソフトウェアパッケージのインストールおよび更新と、ネットワーク、ファイアウォール設定、ストレージオプションなどのシステム全体の設定の変更と、ユーザー、グループ、およびファイルのパーミッションの追加または修正が含まれます。

重要
  • インストール済みシステムに root 権限を取得するには、以下のいずれか、または両方の方法を行います。

    • root アカウントの使用
    • 管理者権限を持つユーザーアカウント (wheel グループのメンバー) の作成。root アカウントは、インストール中に作成されます。管理者アクセスが必要なタスクを実行する必要がある場合に限り、管理者アカウントに切り替えてください。
警告

root アカウントは、システムを完全に制御できます。このアカウントへのアクセスを不正に入手すると、ユーザーの個人ファイルへのアクセスや削除が可能になります。

手順

  1. インストール概要 画面から、ユーザー設定 > root パスワード を選択します。root パスワード 画面が開きます。
  2. root パスワード フィールドにパスワードを入力します。

    強固な root パスワードを作成する際の必須要件と推奨事項を以下に示します。

    • 最低でも 8 文字の長さが 必要
    • 数字、文字 (大文字と小文字)、記号を含めることができる
    • 大文字と小文字が区別される
  3. 確認 フィールドにも同じパスワードを入力します。
  4. 完了をクリック して root パスワードを確認し、インストール概要 画面に戻ります。

    注記

    弱いパスワードを使用した場合は、完了 を 2 回クリックする必要があります。