Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

G.3. キックスタートファイル内のスクリプト

キックスタートファイルには以下のスクリプトを追加できます。

  • %pre
  • %pre-install
  • %post

本セクションでは、スクリプトに関する以下の情報を提供します。

  • 実行時間
  • スクリプトに追加できるコマンドのタイプ
  • スクリプトの目的
  • スクリプトオプション

G.3.1. %pre スクリプト

%pre スクリプトは、キックスタートファイルの読み込み直後 (スクリプトが完全に解析され、インストールが開始する前) にシステムで実行されます。各セクションは、%pre で開始し、%end で終了する必要があります。

%pre スクリプトは、ネットワークおよびストレージデバイスのアクティベートおよび設定に使用できます。また、インストール環境で利用可能なインタープリターを使用して、スクリプトを実行することもできます。インストールを進める前に特定の設定を必要とするネットワークやストレージがある場合や、追加のログパラメーターや環境変数などを設定するスクリプトがある場合には、%pre スクリプトを追加すると便利です。

%pre スクリプトでの問題のデバッグは難しくなる可能性があるため、%pre スクリプトは必要な場合にのみ使用することが推奨されます。

インストール環境の /sbin ディレクトリーおよび /bin ディレクトリーにあるほとんどのユーティリティーの他に、%pre スクリプトでは、ネットワーク、ストレージ、およびファイルシステムに関連するコマンドを使用できます。

%pre セクションのネットワークにはアクセスできます。この時点では name サービスが設定されていないため、URL ではなく IP アドレスだけが有効です。

注記

pre スクリプトは、chroot 環境では実行しません。

G.3.1.1. %pre スクリプトセクションのオプション

以下のオプションを使用して、インストール前のスクリプトの動作を変更できます。オプションを使用するには、スクリプトの最初の部分で %pre 行にオプションを追加してください。以下に例を示します。

%pre --interpreter=/usr/libexec/platform-python
-- Python script omitted --
%end
--interpreter=

Python などの別のスクリプト言語を指定できます。システムで利用可能なスクリプト言語は、どれでも使用できます。ほとんどの場合は、/usr/bin/sh/usr/bin/bash、および /usr/libexec/platform-python になります。

platform-python インタープリターは、Python バージョン 3.6 を使用することに注意してください。新しいパスおよびバージョン用に、Python スクリプトを以前の RHEL バージョンから変更する必要があります。また、platform-python は、システムツールを対象としています。インストール環境外では python36 パッケージを使用してください。Red Hat Enterprise Linux 8 の Python の詳細は、『 基本的なシステム設定の構成』 の「Python の 概要 」を参照してください。

--erroronfail
スクリプトが失敗するとエラーを表示し、インストールを停止します。エラーメッセージは、失敗の原因がログ記録されている場所を示します。
--log=

スクリプトの出力を、指定したログファイルに記録します。以下に例を示します。

%pre --log=/tmp/ks-pre.log