Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

27.6. ローカルファイルシステムの選択

アプリケーションの要件を満たすファイルシステムを選択するには、ファイルシステムをデプロイするターゲットシステムを理解する必要があります。以下の項目で、選択肢を確認できます。

  • 大容量のサーバーがあるか
  • ストレージの要件は大きいか、またはローカルで低速な SATA ドライブが存在するか
  • アプリケーションで期待される I/O ワークロードの種類
  • スループットとレイテンシーの要件
  • サーバーおよびストレージハードウェアの安定性
  • ファイルとデータセットの標準的なサイズ
  • システムで障害が発生した場合のダウンタイムの長さ

サーバーとストレージデバイスの両方が大きい場合は、XFS が最適です。ストレージアレイが小さくても、XFS は、平均のファイルサイズが大きい場合 (たとえば、数百メガバイト) に、非常に優れたパフォーマンスを発揮します。

既存のワークロードが ext4 で良好に機能している場合は、ext4 を引き続き使用することで、ユーザーとアプリケーションに非常に馴染みのある環境を提供できます。

ext4 ファイルシステムは、I/O 機能が制限されているシステムでパフォーマンスが向上する傾向があります。限られた帯域幅 (200MB/s 未満) と、最大約 1000 の IOPS 機能でパフォーマンスが向上します。より高い機能を備えたものであれば、XFS はより高速になる傾向があります。

XFS は、ext4 と比較して、メタデータあたりの CPU の動作を約 2 倍消費します。そのため、同時に処理できることがほとんどない、CPU にバインドされたワークロードがあると、ext4 の方が高速になります。通常、アプリケーションが 1 つの読み取り/書き込みスレッドと小さなファイルを使用する場合は ext4 の方が優れていますが、アプリケーションが複数の読み取り/書き込みスレッドと大きなファイルを使用する場合は、XFS の方が優れています。

XFS ファイルシステムを縮小することはできません。ファイルシステムを縮小できるようにする必要がある場合は、オフライン縮小に対応する ext4 を使用することを検討してください。

通常、Red Hat は、ext4 に対する特別なユースケースがない限り、XFS を使用することを推奨します。また、ターゲットサーバーとストレージシステムで特定のアプリケーションのパフォーマンスを測定して、適切なタイプのファイルシステムを選択するようにしてください。

表27.2 ローカルファイルシステムに関する推奨事項の概要

シナリオ推奨されるファイルシステム

特別なユースケースなし

XFS

大規模サーバー

XFS

大規模なストレージデバイス

XFS

大規模なファイル

XFS

マルチスレッド I/O

XFS

シングルスレッド I/O

ext4

制限された I/O 機能 (1000 IOPS 未満)

ext4

制限された帯域幅 (200MB/s 未満)

ext4

CPU にバインドされているワークロード

ext4

オフラインの縮小への対応

ext4