Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

68.11. 論理ボリュームのアクティブ化

アクティブ状態の論理ボリュームは、ブロックデバイスを介して使用できます。アクティブになっている論理ボリュームにはアクセスにでき、変更できます。論理ボリュームを作成すると、デフォルトでアクティブになります。

個々の論理ボリュームを非アクティブにしてカーネルが認識しないようにする必要がある状況はさまざまです。個々の論理ボリュームは、lvchange コマンドの -a オプションを使用してアクティブまたは非アクティブにできます。

個々の論理ボリュームを非アクティブにするには、以下のコマンドを実行します。

lvchange -an vg/lv

個々の論理ボリュームをアクティブにするには、以下のコマンドを実行します。

lvchange -ay vg/lv

vgchange コマンドの -a オプションを使用して、ボリュームグループの論理ボリュームをすべてアクティブまたは非アクティブにできます。これは、ボリュームグループの個々の論理ボリュームに lvchange -a コマンドを実行するのと同じです。

ボリュームグループの論理ボリュームをすべて非アクティブにするには、以下のコマンドを実行します。

vgchange -an vg

ボリュームグループの論理ボリュームをすべてアクティブにするには、以下のコマンドを実行します。

vgchange -ay vg

68.11.1. 論理ボリュームの自動アクティブ化の制御

論理ボリュームの自動アクティブ化は、システム起動時に論理ボリュームをイベントベースで自動的にアクティブにすることを指します。システムでデバイスが利用可能になると (デバイスのオンラインイベント)、systemd/udev は、各デバイスに lvm2-pvscan サービスを実行します。このサービスは、named デバイスを読み込む pvscan --cache -aay device コマンドを実行します。デバイスがボリュームグループに属している場合、pvscan コマンドは、そのボリュームグループに対する物理ボリュームがすべて、そのシステムに存在するかどうかを確認します。存在する場合は、このコマンドが、そのボリュームグループにある論理ボリュームをアクティブにします。

/etc/lvm/lvm.conf 設定ファイルで以下の設定オプションを使用して、論理ボリュームの自動アクティブ化を制御できます。

  • global/event_activation

    event_activation が無効になっている場合、systemd/udev は、システムの起動時に存在する物理ボリュームでのみ、論理ボリュームを自動アクティブにします。すべての物理ボリュームが表示されていないと、一部の論理ボリュームが自動的にアクティブにならない場合もあります。

  • activation/auto_activation_volume_list

    auto_activation_volume_list を空のリストに設定すると、自動アクティベーションは完全に無効になります。特定の論理ボリュームとボリュームグループに auto_activation_volume_list を設定すると、自動アクティベーションは、設定した論理ボリュームに制限されます。

このオプションの設定は、/etc/lvm/lvm.conf 設定ファイルを参照してください。