Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

A.3.2. グラフィカルな起動シーケンスが応答しない

インストール後に初めてシステムを再起動すると、グラフィカルな起動シーケンス時にシステムが応答しなくなることがあります。この場合は、リセットが必要です。このシナリオでは、ブートローダーメニューは正常に表示されますが、エントリーを選択してシステムを起動しようとすると停止します。これは通常、グラフィカルな起動シーケンスに問題があることを示しています。この問題を解決するには、永続的に変更する前に、システムの起動時に設定を一時的に変更することで、グラフィカルブートを無効にする必要があります。

手順: グラフィカルブートを一時的に無効にする

  1. システムを起動し、ブートローダーメニューが表示されるまで待ちます。起動のタイムアウト期間を 0 に設定し、Ecc キーを押してアクセスします。
  2. ブートローダーメニューからカーソルキーを使用して、起動するエントリーを強調表示します。Tab キー (システムが BIOS ベースの場合) または e キー (UEFI ベースの場合) を押して、選択したエントリーオプションを編集します。
  3. オプション一覧でカーネル行を探します。カーネル行は linux というキーワードで始まります。この行で、rhgb を探して、削除します。
  4. F10 または Ctrl+X を押して、編集したオプションでシステムを起動します。

システムが正常に起動した場合は、通常通りにログインできます。ただし、グラフィカルブートを永続的に無効にしない場合は、システムが起動するたびにこの手順を実行する必要があります。

手順: グラフィカルブートを永続的に無効にする

  1. システムの root アカウントにログインします。
  2. grubby ツールを使用して、デフォルトの GRUB2 カーネルを検索します。

    # grubby --default-kernel
    /boot/vmlinuz-4.18.0-94.el8.x86_64
  3. grubby ツールを使用して、GRUB2 設定のデフォルトカーネルから rhgb 起動オプションを削除します。以下に例を示します。

    # grubby --remove-args="rhgb" --update-kernel /boot/vmlinuz-4.18.0-94.el8.x86_64
  4. システムを再起動します。グラフィカル起動シーケンスが使用されなくなりました。グラフィカルな起動シーケンスを有効にする場合は、同じ手順に従って、--remove-args="rhgb" パラメーターを --args="rhgb" パラメーターに置き換えます。これにより、GRUB2 設定のデフォルトカーネルに rhgb ブートオプションが復元されます。