Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

67.8. RHEL クラスター内の仮想マシンの移行

仮想化クラスターメンバーを使用した RHEL 高可用性クラスターのサポートポリシーの詳細は、「 Support Policies for RHEL High Availability Clusters - General Conditions with Virtualized Cluster Members 」を参照してください。前述のように、Red Hat は、ハイパーバイザーまたはホスト全体のアクティブなクラスターノードのライブマイグレーションをサポートしません。ライブマイグレーションを実行する必要がある場合は、まず仮想マシンでクラスターサービスを停止して、クラスターからノードを削除し、移行の実行後にクラスターを起動する必要があります。以下の手順では、クラスターから仮想マシンを削除し、仮想マシンの移行、仮想マシンをクラスターへ復元する手順の概要を説明します。

この手順では、(ゲストノードとして使用される仮想マシン)クラスターリソースとして管理される仮想マシン(ゲストノードとして使用される仮想マシンを含む)ではなく、完全なクラスターノードとして使用される仮想マシンに適用されます。この仮想マシンは、特別な対応なしにライブマイグレーションできます。RHEL High Availability Add-On および Resilient Storage Add-On を 構成するパッケージの更新に必要な完全な手順は、「RHEL High Availability および Resilient Storage Cluster へのソフトウェアアップデートの適用 」を参照してください。

注記

この手順を実行する前に、クラスターノードを削除するクラスターのクォーラムへの影響を考慮してください。たとえば、3 ノードクラスターがあり、1 つのノードを削除すると、クラスターは 1 つのノードに障害のみを配置できます。3 ノードクラスターの 1 つのノードがすでにダウンしている場合は、2 番目のノードを削除するとクォーラムが失われます。

  1. 移行する仮想マシンで実行しているリソースまたはソフトウェアを停止または移動する前に準備を行う必要がある場合は、以下の手順を実行します。
  2. 仮想マシンで以下のコマンドを実行し、仮想マシン上のクラスターソフトウェアを停止します。

    # pcs cluster stop
  3. 仮想マシンのライブマイグレーションを実行します。
  4. 仮想マシンでクラスターサービスを開始します。

    # pcs cluster start