Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第40章 カーネルコマンドラインパラメーターの設定

カーネルコマンドラインパラメーターは、システムの起動時に Red Hat Enterprise Linux カーネルの特定の側面の動作を変更する手段のひとつです。システム管理者は、システムの起動時に設定されるオプションを完全に制御できます。特定のカーネルの動作はシステムの起動時にのみ設定できるため、この変更を行う方法を理解することが管理スキルの鍵となります。

重要

カーネルコマンドラインパラメーターを変更することで、システムの動作が変更するオプションは、システムに悪影響を及ぼす可能性があります。したがって、実稼働環境にデプロイする前に変更をテストする必要があります。詳細なガイダンスは、Red Hat サポートまでご連絡ください。

40.1. カーネルコマンドラインパラメーターの概要

カーネルコマンドラインパラメーターは、以下のシステムの起動時間設定に使用されます。

  • Red Hat Enterprise Linux カーネル
  • 初期 RAM ディスク
  • ユーザー領域機能

カーネルの起動時間パラメーターは、デフォルト値を上書きしたり、特定のハードウェア構成にするために使用されます。

デフォルトでは、GRUB2 ブートローダーを使用するシステムのカーネルコマンドラインパラメーターは、すべてのカーネルブートエントリーの /boot/grub2/grubenv ファイルの kernelopts 変数で定義されます。

注記

IBM Z では、zipl ブートローダーは環境変数に対応していないため、カーネルコマンドラインパラメーターはブートエントリー設定ファイルに保存されます。したがって、kernelopts 環境変数は使用できません。

関連情報

  • 変更可能なカーネルコマンドラインパラメーターの詳細は、man ページの kernel-command-line(7)bootparam(7)、および dracut.cmdline (7) を参照してください。
  • kernelopts 変数の詳細は、ナレッジベースの記事「 How to install and boot custom kernels in Red Hat Enterprise Linux 8 」を参照してください。