Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

56.4. Pacemaker で管理されないリソース依存関係の起動順序の設定

クラスターは、クラスターが管理していない依存関係を持つリソースを含めることができます。この場合は、Pacemaker を起動する前にその依存関係を起動し、Pacemaker が停止した後に停止する必要があります。

systemd resource-agents-deps ターゲットを使用してこの条件を構成するために、スタートアップ順序を設定できます。このターゲットに対して systemd ドロップインユニットを作成すると、Pacemaker はこのターゲットに対して相対的な順序を適切に設定できます。

たとえば、クラスターが管理していない外部サービス foo に依存するリソースがクラスターに含まれている場合は、以下の手順を実行します。

  1. 以下を含むドロップインユニット /etc/systemd/system/resource-agents-deps.target.d/foo.conf を作成します。

    [Unit]
    Requires=foo.service
    After=foo.service
  2. systemctl daemon-reload コマンドを実行します。

この方法で指定するクラスターの依存関係はサービス以外のものとなります。たとえば、/srv にファイルシステムをマウントする依存関係がある場合は、以下の手順を実行してください。

  1. /etc/fstab ファイルに /srv が記載されていることを確認します。これは、システムマネージャーの設定が再読み込みされる際に、システムの起動時に systemd ファイルの srv.mount に自動的に変換されます。詳細は、man ページの systemd.mount(5) および systemd-fstab-generator(8) を参照してください。
  2. ディスクのマウント後に Pacemaker が起動するようにするには、以下を含むドロップインユニット /etc/systemd/system/resource-agents-deps.target.d/srv.conf を作成します。

    [Unit]
    Requires=srv.mount
    After=srv.mount
  3. systemctl daemon-reload コマンドを実行します。