Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

53.13. 統合フェンスデバイスで使用する ACPI の設定

クラスターが統合フェンスデバイスを使用する場合は、即時かつ完全なフェンシングを実行できるように、ACPI (Advanced Configuration and Power Interface) を設定する必要があります。

クラスターノードが統合フェンスデバイスでフェンシングされるように設定されている場合は、そのノードの ACPI Soft-Off を無効にします。ACPI Soft-Off を無効にすることにより、統合フェンスデバイスは、クリーンシャットダウンを試行する代わりに、ノードを即時に、かつ完全にオフにできます (例: shutdown -h now)。それ以外の場合は、ACPI Soft-Off が有効になっていると、統合フェンスデバイスがノードをオフにするのに 4 秒以上かかることがあります (以下の注記部分を参照してください)。さらに、ACPI Soft-Off が有効になっていて、ノードがシャットダウン時にパニック状態になるか、フリーズすると、統合フェンスデバイスがノードをオフにできない場合があります。このような状況では、フェンシングが遅延するか、失敗します。したがって、ノードが統合フェンスデバイスでフェンシングされ、ACPI Soft-Off が有効になっている場合は、クラスターが徐々に復元します。または管理者の介入による復旧が必要になります。

注記

ノードのフェンシングにかかる時間は、使用している統合フェンスデバイスによって異なります。統合フェンスデバイスの中には、電源ボタンを押し続けるのと同じ動作を実行するものもあります。この場合は、ノードがオフになるのに 4 秒から 5 秒かかります。また、電源ボタンを押してすぐ離すのと同等の動作を行い、ノードの電源をオフにする行為をオペレーティングシステムに依存する統合フェンスデバイスもあります。この場合は、ノードがオフになるのにかかる時間は 4~ 5 秒よりも長くなります。

  • ACPI Soft-Off を無効にする方法として、BIOS 設定を「instant-off」または同等の設定に変更することが推奨されます。これにより、「BIOS で ACPI Soft-Off を無効化」 で説明されているように、遅延なくノードをオフにすることができます。

システムによっては、BIOS で ACPI Soft-Off を無効にできません。お使いのクラスターでは、BIOS で ACPI Soft-Off を無効にできない場合に、以下のいずれかの方法で ACPI Soft-Off を無効にできます。

  • 「logind.conf ファイルで ACPI Soft-Off の無効化」 で説明されているように、/etc/systemd/logind.conf ファイルで HandlePowerKey=ignore を設定し、ノードがフェンシングされるとすぐにオフになることを確認します。これが、ACPI Soft-Off を無効にする 1 つ目の代替方法です。
  • 「GRUB 2 ファイルを使用した ACPI の完全な無効化」 の説明に従って、カーネルブートコマンドラインに acpi=off を追加します。これは、ACPI Soft-Off を無効にする 2 つ目の代替方法です。この方法の使用が推奨される場合、または 1 つ目の代替方法が利用できない場合に使用してください。

    重要

    この方法は、ACPI を完全に無効にします。コンピューターの中には、ACPI が完全が無効になってるとシステムが正しく起動しないものもあります。お使いのクラスターに適した方法が他にない場合に 限り、この方法を使用してください。

53.13.1. BIOS で ACPI Soft-Off を無効化

以下の手順で、各クラスターノードの BIOS を設定して、ACPI Soft-Off を無効にできます。

注記

BIOS で ACPI Soft-Off を無効にする手順は、サーバーシステムにより異なる場合があります。この手順は、お使いのハードウェアのドキュメントで確認する必要があります。

  1. ノードを再起動して BIOS CMOS Setup Utility プログラムを起動します。
  2. 電源メニュー (または同等の電源管理メニュー) に移動します。
  3. 電源メニューで、Soft-Off by Soft-Off by ├-BTTN 機能(または同等の機能)を Instant-Off (または遅延なく電源ボタンでノードをオフにする同等の設定)に設定します。BIOS CMOS Setup Utility は、ACPI FunctionEnabled に設定 され、Soft-Off by Soft-Off が Instant-Off に設定されている電源メニューを示してい ます。

    注記

    ACPI FunctionSoft-Off by PWR-BTTN、および Instant-Off に相当するものは、コンピューターによって異なります。ただし、この手順の目的は、電源ボタンを使用して遅延なしにコンピューターをオフにするように BIOS を設定することです。

  4. BIOS CMOS Setup Utility プラグラムを終了して、BIOS 設定を保存します。
  5. ノードがフェンシングされるとすぐにオフになることを確認します。フェンスデバイスをテストする方法は「フェンスデバイスのテスト」を参照してください。

BIOS CMOS Setup Utility

`Soft-Off by PWR-BTTN` set to
`Instant-Off`

+---------------------------------------------|-------------------+
|    ACPI Function             [Enabled]      |    Item Help      |
|    ACPI Suspend Type         [S1(POS)]      |-------------------|
|  x Run VGABIOS if S3 Resume   Auto          |   Menu Level   *  |
|    Suspend Mode              [Disabled]     |                   |
|    HDD Power Down            [Disabled]     |                   |
|    Soft-Off by PWR-BTTN      [Instant-Off   |                   |
|    CPU THRM-Throttling       [50.0%]        |                   |
|    Wake-Up by PCI card       [Enabled]      |                   |
|    Power On by Ring          [Enabled]      |                   |
|    Wake Up On LAN            [Enabled]      |                   |
|  x USB KB Wake-Up From S3     Disabled      |                   |
|    Resume by Alarm           [Disabled]     |                   |
|  x  Date(of Month) Alarm       0            |                   |
|  x  Time(hh:mm:ss) Alarm       0 :  0 :     |                   |
|    POWER ON Function         [BUTTON ONLY   |                   |
|  x KB Power ON Password       Enter         |                   |
|  x Hot Key Power ON           Ctrl-F1       |                   |
|                                             |                   |
|                                             |                   |
+---------------------------------------------|-------------------+

この例では、ACPI FunctionEnabled に設定され、Soft-Off by PWR-BTTNInstant-Off に設定されていることを示しています。