Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

36.6. スワップの使用

スワップ領域を使用して、非アクティブなプロセスとデータに一時的なストレージを提供し、物理メモリーがいっぱいになった場合に発生するメモリー不足エラーを防ぎます。スワップ領域は物理メモリーの拡張として機能し、物理メモリーが使い果たされた場合でもシステムがスムーズに動作し続けることを可能にします。スワップ領域を使用するとシステムのパフォーマンスが低下する可能性があるため、スワップ領域を利用する前に物理メモリーの使用を最適化するほうが望ましい場合があることに注意してください。

36.6.1. スワップ領域の概要

Linux の スワップ領域 は、物理メモリー (RAM) が不足すると使用されます。システムに多くのメモリーリソースが必要で、RAM が不足すると、メモリーの非アクティブなページがスワップ領域に移動します。スワップ領域は、RAM が少ないマシンで役に立ちますが、RAM の代わりに使用しないようにしてください。

スワップ領域はハードドライブにあり、そのアクセス速度は物理メモリーに比べると遅くなります。スワップ領域の設定は、専用のスワップパーティション (推奨)、スワップファイル、またはスワップパーティションとスワップファイルの組み合せが考えられます。

過去数年、推奨されるスワップ領域のサイズは、システムの RAM サイズに比例して増加していました。しかし、最近のシステムには通常、数百ギガバイトの RAM が含まれます。結果として、推奨されるスワップ領域は、システムのメモリーではなく、システムメモリーのワークロードの機能とみなされます。

スワップ領域の追加

以下は、さまざまな方法でスワップ領域を追加する方法です。

スワップ領域の削除

スワップ領域を削除するには、以下の異なる方法を使用します。

36.6.3. LVM2 論理ボリュームでのスワップ領域の拡張

この手順では、既存の LVM2 論理ボリュームでスワップ領域を拡張する方法を説明します。ここでは、2 GB 拡張するボリュームを /dev/VolGroup00/LogVol01 とします。

前提条件

  • 十分なディスク領域がある。

手順

  1. 関連付けられている論理ボリュームのスワップ機能を無効にします。

    # swapoff -v /dev/VolGroup00/LogVol01
  2. LVM2 論理ボリュームのサイズを 2 GB 増やします。

    # lvresize /dev/VolGroup00/LogVol01 -L +2G
  3. 新しいスワップ領域をフォーマットします。

    # mkswap /dev/VolGroup00/LogVol01
  4. 拡張論理ボリュームを有効にします。

    # swapon -v /dev/VolGroup00/LogVol01

検証

  • スワップ論理ボリュームが正常に拡張され、アクティブになったかをテストするには、次のコマンドを使用して、アクティブなスワップ領域を調べます。

    $ cat /proc/swaps
    $ free -h

36.6.4. スワップの LVM2 論理ボリュームの作成

この手順では、スワップ用に LVM2 論理ボリュームを作成する方法を説明します。ここでは、追加するスワップボリュームを /dev/VolGroup00/LogVol02 とします。

前提条件

  • 十分なディスク領域がある。

手順

  1. サイズが 2 GB の LVM2 論理ボリュームを作成します。

    # lvcreate VolGroup00 -n LogVol02 -L 2G
  2. 新しいスワップ領域をフォーマットします。

    # mkswap /dev/VolGroup00/LogVol02
  3. 次のエントリーを /etc/fstab ファイルに追加します。

    /dev/VolGroup00/LogVol02 none swap defaults 0 0
  4. システムが新しい設定を登録するように、マウントユニットを再生成します。

    # systemctl daemon-reload
  5. 論理ボリュームでスワップをアクティブにします。

    # swapon -v /dev/VolGroup00/LogVol02

検証

  • スワップ論理ボリュームが正常に作成され、アクティブになったかをテストするには、次のコマンドを使用して、アクティブなスワップ領域を調べます。

    $ cat /proc/swaps
    $ free -h

36.6.5. スワップファイルの作成

この手順では、スワップファイルの作成方法を説明します。

前提条件

  • 十分なディスク領域がある。

手順

  1. 新しいスワップファイルのサイズをメガバイト単位で指定してから、そのサイズに 1024 をかけてブロック数を指定します。たとえばスワップファイルのサイズが 64 MB の場合は、ブロック数が 65536 になります。
  2. 空のファイルの作成:

    # dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1024 count=65536

    65536 を、目的のブロックサイズと同じ値に置き換えます。

  3. 次のコマンドでスワップファイルをセットアップします。

    # mkswap /swapfile
  4. スワップファイルのセキュリティーを変更して、全ユーザーで読み込みができないようにします。

    # chmod 0600 /swapfile
  5. システムの起動時にスワップファイルを有効にするには、次のエントリーを使用して /etc/fstab ファイルを編集します。

    /swapfile none swap defaults 0 0

    次にシステムが起動すると新しいスワップファイルが有効になります。

  6. システムが新しい /etc/fstab 設定を登録するように、マウントユニットを再生成します。

    # systemctl daemon-reload
  7. すぐにスワップファイルをアクティブにします。

    # swapon /swapfile

検証

  • 新しいスワップファイルが正常に作成され、有効になったかをテストするには、次のコマンドを使用して、アクティブなスワップ領域を調べます。

    $ cat /proc/swaps
    $ free -h

36.6.6. LVM2 論理ボリュームでのスワップ領域の縮小

この手順では、LVM2 論理ボリュームでスワップを減らす方法を説明します。ここでは、縮小するボリュームを /dev/VolGroup00/LogVol01 とします。

手順

  1. 関連付けられている論理ボリュームのスワップ機能を無効にします。

    # swapoff -v /dev/VolGroup00/LogVol01
  2. LVM2 論理ボリュームのサイズを変更して 512 MB 削減します。

    # lvreduce /dev/VolGroup00/LogVol01 -L -512M
  3. 新しいスワップ領域をフォーマットします。

    # mkswap /dev/VolGroup00/LogVol01
  4. 論理ボリュームでスワップをアクティブにします。

    # swapon -v /dev/VolGroup00/LogVol01

検証

  • スワップ論理ボリュームが正常に削減されたかをテストするには、次のコマンドを使用して、アクティブなスワップ領域を調べます。

    $ cat /proc/swaps
    $ free -h

36.6.7. スワップの LVM2 論理ボリュームの削除

この手順では、スワップ用に LVM2 論理ボリュームを削除する方法を説明します。削除するスワップボリュームを /dev/VolGroup00/LogVol02 とします。

手順

  1. 関連付けられている論理ボリュームのスワップ機能を無効にします。

    # swapoff -v /dev/VolGroup00/LogVol02
  2. LVM2 論理ボリュームを削除します。

    # lvremove /dev/VolGroup00/LogVol02
  3. 次の関連エントリーを /etc/fstab ファイルから削除します。

    /dev/VolGroup00/LogVol02 none swap defaults 0 0
  4. システムが新しい設定を登録するように、マウントユニットを再生成します。

    # systemctl daemon-reload

検証

  • 論理ボリュームが正常に削除されたかをテストするには、次のコマンドを使用して、アクティブなスワップ領域を調べます。

    $ cat /proc/swaps
    $ free -h

36.6.8. スワップファイルの削除

この手順では、スワップファイルを削除する方法を説明します。

手順

  1. シェルプロンプトで次のコマンドを実行してスワップファイルを無効にします (スワップファイルの場所が /swapfile であるとします)。

    # swapoff -v /swapfile
  2. /etc/fstab ファイルからエントリーを削除します。
  3. システムが新しい設定を登録するように、マウントユニットを再生成します。

    # systemctl daemon-reload
  4. 実際のファイルを削除します。

    # rm /swapfile