Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

4.2. tuna ツールを使用したシステムステータスの表示

この手順では、tuna コマンドラインインターフェース (CLI) ツールを使用してシステムの状態を表示する方法を説明します。

前提条件

手順

  • 現在のポリシーおよび優先度を表示するには、以下を実行します。

    # tuna --show_threads
                thread
    pid   SCHED_ rtpri affinity             cmd
    1      OTHER     0      0,1            init
    2       FIFO    99        0     migration/0
    3      OTHER     0        0     ksoftirqd/0
    4       FIFO    99        0      watchdog/0
  • PID に対応する特定のスレッドまたはコマンド名と一致する場合は、次のコマンドを実行します。

    # tuna --threads=pid_or_cmd_list --show_threads

    pid_or_cmd_list 引数は、コンマ区切りの PID またはコマンド名パターンの一覧です。

  • tuna CLI を使用して CPU をチューニングするには、「tuna ツールを使用した CPU のチューニング」を参照してください。
  • tuna ツールを使用して IRQ をチューニングするには、「tuna ツールを使用した IRQ のチューニング」を参照してください。
  • 変更した設定を保存するには、以下を実行します。

    # tuna --save=filename

    このコマンドは、現在実行中のカーネルスレッドのみを保存します。実行していないプロセスは保存されません。

関連情報

  • tuna(8) の man ページ