Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

10.4. PCP Redis の設定

本セクションでは、PCP Redis データソースを設定する方法を説明します。

PCP Redis データソースを使用して以下を行います。

  • データアーカイブの表示
  • pmseries 言語を使用したクエリー時系列
  • 複数のホストにまたがるデータの分析

前提条件

  1. PCP が設定されている。詳細は「PCP の pcp-zeroconf での設定」を参照してください。
  2. grafana-server が設定されている。詳細は、「grafana-server の設定」を参照してください。

手順

  1. redis パッケージをインストールします。

    # yum install redis
  2. 以下のサービスを開始して有効にします。

    # systemctl start pmproxy redis
    # systemctl enable pmproxy redis
  3. メール転送エージェント (sendmail または postfix など) がインストールされ、設定されている。
  4. allow_loading_unsigned_plugins パラメーターが、grafana.ini ファイルの PCP Redis データベースに設定されていることを確認します。

    # vi /etc/grafana/grafana.ini
    
    allow_loading_unsigned_plugins = pcp-redis-datasource
  5. grafana-server を再起動します。

    # systemctl restart grafana-server

検証手順

  • pmproxy および redis が動作していることを確認します。

    # pmseries disk.dev.read
    2eb3e58d8f1e231361fb15cf1aa26fe534b4d9df

    redis パッケージがインストールされていない場合は、このコマンドはデータを返しません。

関連情報

  • pmseries(1) の man ページ