Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

19.8. 別のデバイスで読み取り可能な perf.data ファイルの生成

perf ツールを使用してパフォーマンスデータを perf.data ファイルに記録し、異なるデバイスで分析することができます。

前提条件

手順

  1. さらに調査する予定のパフォーマンスデータを取得します。

    # perf record -a --call-graph fp sleep seconds

    この例では、sleep コマンドの使用によって指定される 数でシステム全体の perf.data を生成します。また、フレームポインターの方法を使用して呼び出しグラフデータを取得します。

  2. 記録されたデータのデバッグシンボルを含むアーカイブファイルを生成します。

    # perf archive

検証手順

  • アーカイブファイルが現在のアクティブなディレクトリーで生成されたことを確認します。

    # ls perf.data*

    出力には、perf.dataで始まる現在のディレクトリーのすべてのファイルが表示されます。アーカイブファイルの名前は以下のいずれかになります。

    perf.data.tar.gz

    または

    perf data.tar.bz2