Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

5.7. metrics RHEL システムロールを使用して SQL Server のメトリクス収集を設定して有効にする

この手順では、metrics RHEL システムロールを使用して、ローカルシステムでの pcp を使用した Microsoft SQL Server のメトリクス収集の設定と有効化を自動化する方法について説明します。

前提条件

手順

  1. 次の内容を含む Playbook ファイル (例: ~/playbook.yml) を作成します。

    ---
    - name: Configure and enable metrics collection for Microsoft SQL Server
      hosts: localhost
      roles:
        - rhel-system-roles.metrics
      vars:
        metrics_from_mssql: true
        metrics_manage_firewall: true
        metrics_manage_selinux: true

    metrics_manage_firewallmetrics_manage_selinux は両方とも true に設定されているため、metrics ロールは firewall ロールと selinux ロールを使用して、metrics ロールが使用するポートを管理します。

  2. Playbook の構文を検証します。

    $ ansible-playbook --syntax-check ~/playbook.yml

    このコマンドは構文を検証するだけであり、有効だが不適切な設定から保護するものではないことに注意してください。

  3. Playbook を実行します。

    $ ansible-playbook ~/playbook.yml

検証

  • pcp コマンドを使用して、SQL Server PMDA エージェント (mssql) が読み込まれ、実行されていることを確認します。

    # pcp
    platform: Linux sqlserver.example.com 4.18.0-167.el8.x86_64 #1 SMP Sun Dec 15 01:24:23 UTC 2019 x86_64
     hardware: 2 cpus, 1 disk, 1 node, 2770MB RAM
     timezone: PDT+7
     services: pmcd pmproxy
         pmcd: Version 5.0.2-1, 12 agents, 4 clients
         pmda: root pmcd proc pmproxy xfs linux nfsclient mmv kvm mssql
               jbd2 dm
     pmlogger: primary logger: /var/log/pcp/pmlogger/sqlserver.example.com/20200326.16.31
         pmie: primary engine: /var/log/pcp/pmie/sqlserver.example.com/pmie.log

関連情報