Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

10.6. アラートの通知チャネルの追加

通知チャネルを追加すると、アラートルールの条件が満たされ、システムにさらなる監視が必要になると、Grafana からアラート通知を受け取ることができます。

サポートされている通知機能の一覧からいずれかのタイプを選択すると、これらのアラートを受け取ることができます。通知機能には、DingDingDiscordEmailGoogle Hangouts ChatHipChatKafka REST ProxyLINEMicrosoft TeamsOpsGeniePagerDutyPrometheus AlertmanagerPushoverSensuSlackTelegramThreema GatewayVictorOps、および webhook が含まれます。

前提条件

  1. grafana-server にアクセスできる。詳細は、「Grafana Web UI へのアクセス」を 参照してください。
  2. アラートルールが作成されている。詳細は、「PCP Redis データソースでのパネルおよびアラートの作成」を参照してください。
  3. SMTP を設定し、grafana/grafana.ini ファイルに有効な送信者のメールアドレスを追加します。

    # vi /etc/grafana/grafana.ini
    
    [smtp]
    enabled = true
    from_address = abc@gmail.com

    abc@gmail.com を有効なメールアドレスに置き換えます。

手順

  1. メニューで    alerting bell icon    Alerting iconclick Notification channelsAdd channel の順でカーソルを合わせます。
  2. Add notification channel details ペインで、以下を実行します。

    1. Name テキストボックスに、名前を入力します。
    2. 通信 Type (例: Email) を選択し、メールアドレスを入力します。区切り文字 ; を使用して複数のメールアドレスを追加できます。
    3. オプション: Optional Email settings および Notification settings を設定します。
  3. 保存 をクリックします。
  4. アラートルールで通知チャネルを選択します。

    1. メニューで    alerting bell icon    Alerting アイコンにマウスを合わせ、Alert rules をクリックします。
    2. Alert Rules タブで、作成されたアラートルールをクリックします。
    3. Notifications タブで Send to オプションから通知チャネル名を選択し、アラートメッセージを追加します。
    4. 適用 をクリックします。