Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

18.2. perf stat を使用したイベントのカウント

perf stat を使用すると、コマンドの実行中に発生したハードウェアおよびソフトウェアのイベントをカウントし、これらのカウントの統計を生成できます。デフォルトでは、perf stat はスレッドごとのモードで動作します。

前提条件

  • perf のインストール」で説明されているように、perf ユーザー領域ツールがインストールされている。

手順

  • イベントをカウントします。

    • root アクセスなしで perf stat コマンドを実行すると、ユーザー空間で発生したイベントのみをカウントします。

      $ perf stat ls

      例18.1 perf stat の出力が root アクセスなしで実行

      Desktop  Documents  Downloads  Music  Pictures  Public  Templates  Videos
      
       Performance counter stats for 'ls':
      
                    1.28 msec task-clock:u               #    0.165 CPUs utilized
                       0      context-switches:u         #    0.000 M/sec
                       0      cpu-migrations:u           #    0.000 K/sec
                     104      page-faults:u              #    0.081 M/sec
               1,054,302      cycles:u                   #    0.823 GHz
               1,136,989      instructions:u             #    1.08  insn per cycle
                 228,531      branches:u                 #  178.447 M/sec
                  11,331      branch-misses:u            #    4.96% of all branches
      
             0.007754312 seconds time elapsed
      
             0.000000000 seconds user
             0.007717000 seconds sys

      以前の例で分かるように、perf stat を root アクセスなしで実行すると、イベント名の後に :u が付けられ、これらのイベントがユーザー空間でのみカウントされていることが分かります。

    • ユーザー空間およびカーネルスペースの両方のイベントをカウントするには、perf stat の実行時に root アクセスが必要になります。

      # perf stat ls

      例18.2 root アクセスで実行された perf stat の出力

      Desktop  Documents  Downloads  Music  Pictures  Public  Templates  Videos
      
       Performance counter stats for 'ls':
      
                    3.09 msec task-clock                #    0.119 CPUs utilized
                      18      context-switches          #    0.006 M/sec
                       3      cpu-migrations            #    0.969 K/sec
                     108      page-faults               #    0.035 M/sec
               6,576,004      cycles                    #    2.125 GHz
               5,694,223      instructions              #    0.87  insn per cycle
               1,092,372      branches                  #  352.960 M/sec
                  31,515      branch-misses             #    2.89% of all branches
      
             0.026020043 seconds time elapsed
      
             0.000000000 seconds user
             0.014061000 seconds sys
      • デフォルトでは、perf stat はスレッドごとのモードで動作します。CPU 全体のイベントカウントに変更するには、-a オプションを perf stat に渡します。CPU 全体のイベントをカウントするには、root アクセスが必要です。

        # perf stat -a ls

関連情報

  • perf-stat(1) man page