Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

17.6. GDB を使用したアプリケーションまたはライブラリーの debuginfo パッケージの取得

デバッグ情報は、コードをデバッグするために必要です。パッケージからインストールされるコードの場合、GNU デバッガー (GDB) は足りないデバッグ情報を自動的に認識し、パッケージ名を解決し、パッケージの取得方法に関する具体的なアドバイスを提供します。

前提条件

  • デバッグするアプリケーションまたはライブラリーがシステムにインストールされている。
  • GDB と debuginfo-install ツールがシステムにインストールされている。詳細は「アプリケーションをデバッグするための設定」を参照してください。
  • debuginfo パッケージおよび debugsource パッケージを提供するチャンネルをシステムに設定し、有効にしている。

手順

  1. デバッグするアプリケーションまたはライブラリーに割り当てられた GDB を起動します。GDB は、足りないデバッグ情報を自動的に認識し、実行するコマンドを提案します。

    $ gdb -q /bin/ls
    Reading symbols from /bin/ls...Reading symbols from .gnu_debugdata for /usr/bin/ls...(no debugging symbols found)...done.
    (no debugging symbols found)...done.
    Missing separate debuginfos, use: dnf debuginfo-install coreutils-8.30-6.el8.x86_64
    (gdb)
  2. GDB を終了します。q と入力して、Enter で確認します。

    (gdb) q
  3. GDB が提案するコマンドを実行して、必要な debuginfo パッケージをインストールします。

    # dnf debuginfo-install coreutils-8.30-6.el8.x86_64

    dnf パッケージ管理ツールは、変更の概要を提供し、確認を求め、確認後に必要なファイルをすべてダウンロードしてインストールします。

  4. GDB が debuginfo パッケージを提案できない場合は、「手動でのアプリケーションまたはライブラリーの debuginfo パッケージの取得」で説明されている手順に従います。