Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第4章 tuna インターフェースを使用したシステムの確認

tuna ツールを使用してスケジューラーの調整可能パラメーターの調整、スレッド優先度の調整、IRQ ハンドラー、CPU コアおよびソケットの分離を行います。tuna は、チューニングタスクを実行する際の複雑性を軽減します。

tuna ツールは、以下の操作を実行します。

  • システム上の CPU の表示
  • システム上で現在実行中の割り込み要求 (IRQ) を表示します。
  • スレッドのポリシーおよび優先度の情報の変更
  • システムの現在のポリシーと優先度を表示します。

4.1. tuna ツールのインストール

tuna ツールは、稼働中のシステムで使用されるように設計されています。これにより、アプリケーション固有の測定ツールで、変更の直後にシステムパフォーマンスを確認および分析できます。

この手順では、tuna ツールをインストールする方法を説明します。

手順

  • tuna ツールをインストールします。

    # yum install tuna

検証手順

  • 利用可能な tuna CLI オプションを表示します。

    # tuna -h

関連情報

  • tuna(8) の man ページ