Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

19.4. CPU ごとのモードでのパフォーマンスプロファイルの記録

CPU ごとのモードで perf record を使用すると、監視対象の CPU のすべてのスレッドにわたって、ユーザー空間とカーネル空間の両方で同時にパフォーマンスデータをサンプリングして記録できます。デフォルトでは、CPU ごとのモードはすべてのオンライン CPU を監視します。

前提条件

  • perf のインストール」で説明されているように、perf ユーザー領域ツールがインストールされている。

手順

  • パフォーマンスデータのサンプルと記録:

    # perf record -a command

    command を、サンプルデータを作成するコマンドに置き換えます。コマンドを指定しないと、Ctrl+C を押して手動で停止するまで perf record がデータのサンプリングを行います。

関連情報

  • perf-record(1)man ページ