Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第23章 偽共有の検出

偽共有は、対称型マルチプロセッシング (SMP) システムのプロセッサーコアが、プロセッサー間で共有されていない他のデータアイテムにアクセスするために、他のプロセッサーによって使用されている同じキャッシュラインのデータアイテムを変更すると発生します。

この初期修正では、キャッシュラインを使用する他のプロセッサーがコピーを無効にし、変更されたデータアイテムの更新バージョンをプロセッサーが必要としないにもかかわらず、または必然的にアクセスできる場合でも、更新されたコピーを要求する必要があります。

perf c2c コマンドを使用して、偽共有を検出できます。

23.1. perf c2c の目的

perf ツールの c2c サブコマンドは、Shared Data Cache-to-Cache (C2C) 分析を有効にします。perf c2c コマンドを使用して、キャッシュライン競合を検査し、true と false の両方の共有を検出できます。

キャッシュラインの競合は、対称型マルチプロセッシング (SMP) システムのプロセッサーコアが、他のプロセッサーによって使用されている同じキャッシュラインにあるデータオブジェクトを修正すると発生します。このキャッシュラインを使用する他のプロセッサーはすべて、コピーを無効にして更新されたものを要求します。これにより、パフォーマンスが低下する可能性があります。

perf c2c コマンドは、以下の情報を提供します。

  • 競合が検出されたキャッシュライン
  • データの読み取りおよび書き込みのプロセス
  • 競合の原因となった命令
  • 競合に関連する NUMA (Non-Uniform Memory Access) ノード