Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

10.3. Grafana Web UI へのアクセス

この手順では、Grafana Web インターフェースにアクセスする方法を説明します。

Grafana Web インターフェースを使用すると、以下が可能になります。

  • PCP Redis、PCP bpftrace、および PCP Vector データソースを追加します。
  • ダッシュボードの作成
  • 有用なメトリックの概要の表示
  • PCP Redis でのアラートの作成

前提条件

  1. PCP が設定されている。詳細は「PCP の pcp-zeroconf での設定」を参照してください。
  2. grafana-server が設定されている。詳細は、「grafana-server の設定」を参照してください。

手順

  1. クライアントシステムで http://192.0.2.0:3000 リンクを使用してブラウザーを開き、ポート 3000grafana-server にアクセスします。

    192.0.2.0 をマシン IP に置き換えます。

  2. 最初のログインでは、Email or usernamePassword の両方のフィールドに admin と入力します。

    Grafana は、新しいパスワード を設定してセキュアなアカウントを作成するようにプロンプトを表示します。後で設定する場合は、Skip をクリックします。

  3. メニューで    grafana gear icon    Configuration アイコンにカーソルを合わせてから、Plugins をクリックします。
  4. プラグイン タブで、Search by name or type テキストボックスに performance co-pilot と入力し、Performance Co-Pilot (PCP) プラグインをクリックします。
  5. Plugins / Performance Co-Pilot ペインで、Enable をクリックします。
  6. Grafana grafana home page whirl icon アイコンをクリックします。Grafana Home ページが表示されます。

    図10.1 Home Dashboard

    grafana home dashboard
    注記

    画面上部の隅には同様の grafana top corner settings icon アイコンがありますが、これは一般的な ダッシュボード設定 を制御します。

  7. Grafana Home ページで、Add your first data source をクリックして PCP Redis、PCP bpftrace、および PCP Vector データソースを追加します。データソースの追加に関する詳細は、以下を参照してください。

  8. オプション: メニューで、admin プロファイル    grafana logout option icon    アイコンにカーソルを合わせ、Edit ProfileChange Password を含む Preferences を変更するか、Sign out します。

関連情報

  • grafana-cli および grafana-server の man ページ