Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第19章 perf によるパフォーマンスプロファイルの記録および分析

perf ツールを使用すると、パフォーマンスデータを記録し、後で分析することができます。

前提条件

  • perf のインストール」で説明されているように、perf ユーザー領域ツールがインストールされている。

19.1. perf record の目的

perf record コマンドはパフォーマンスデータをサンプルし、これをファイル perf.data に保存します。このファイルは、他の perf コマンドで読み取り、視覚化できます。perf.data は現在のディレクトリーに生成され、おそらく別のマシン上にある後でアクセスできます。

perf record を記録するコマンドを指定しないと、Ctrl+C を押して手動でプロセスを停止するまで記録されます。-p オプションに続いてプロセス ID を 1 つ以上渡すと、perf record を特定のプロセスに割り当てることができます。root アクセスなしで perf record レコードを実行できますが、実行するとユーザー領域のパフォーマンスデータのサンプルのみとなります。デフォルトモードでは、perf record レコードは CPU サイクルをサンプルイベントとして使用し、継承モードが有効な状態でスレッドごとのモードで動作します。