Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

11.3. Web コンソールを使用したパフォーマンスの監視

Red Hat の Web コンソールは、トラブルシューティングに Utilization Saturation および Errors (USE) メソッドを使用します。新しいパフォーマンスメトリックページには、データの履歴ビューが時系列に整理されており、最新のデータが上部に表示されます。

ここでは、リソースの使用状況および飽和状況のイベント、エラー、およびグラフィカル表示を表示できます。

前提条件

  1. Web コンソールをインストールし、アクセスできることを確認します。詳細は、「Web コンソールのインストール」を参照してください。
  2. cockpit-pcp パッケージをインストールします。これにより、パフォーマンスメトリックの収集が可能になります。

    # yum install cockpit-pcp

手順

  1. RHEL 8 Web コンソールにログインします。詳細は「Web コンソールへのログイン」を参照してください。
  2. 概要 をクリックします。

    Web console Overview

  3. View details and history をクリックして、Performance Metrics を表示します。

    View details and history

    Performance metrics in Web console