Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

23.2. perf c2c でキャッシュライン競合の検出

perf c2c コマンドを使用して、システム内のキャッシュライン競合を検出します。

perf c2c コマンドは、perf record と同じオプションと、c2c サブコマンドに排他的なオプションに対応します。記録されたデータは、後で分析するために、現在のディレクトリーの perf.data ファイルに保存されます。

前提条件

  • perf ユーザー空間ツールがインストールされている。詳細は「perf のインストール」を参照してください。

手順

  • perf c2c を使用してキャッシュラインの競合を検出します。

    # perf c2c record -a sleep seconds

    この例では、sleep コマンドによって指示される期間 (seconds) に対し、すべての CPU でキャッシュライン競合データをサンプルおよび記録します。sleep コマンドは、キャッシュライン競合データを収集するコマンドに置き換えることができます。

関連情報

  • perf-c2c(1) の man ページ