Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.12. 新しい Tuned プロファイルの作成

この手順は、カスタムのパフォーマンスルールを使用して、新しい Tuned プロファイルを作成します。

前提条件

手順

  1. /etc/tuned/ ディレクトリーで、作成するプロファイルと同じ名前の新しいディレクトリー作成します。

    # mkdir /etc/tuned/my-profile
  2. 新しいディレクトリーに、ファイル tuned.conf を作成します。必要に応じて、[main] セクションとプラグイン定義を追加します。

    たとえば、balanced プロファイルの設定を表示します。

    [main]
    summary=General non-specialized tuned profile
    
    [cpu]
    governor=conservative
    energy_perf_bias=normal
    
    [audio]
    timeout=10
    
    [video]
    radeon_powersave=dpm-balanced, auto
    
    [scsi_host]
    alpm=medium_power
  3. プロファイルをアクティベートするには、次のコマンドを実行します。

    # tuned-adm profile my-profile
  4. Tuned プロファイルがアクティブになり、システム設定が適用されていることを確認します。

    $ tuned-adm active
    
    Current active profile: my-profile
    $ tuned-adm verify
    
    Verfication succeeded, current system settings match the preset profile.
    See tuned log file ('/var/log/tuned/tuned.log') for details.

関連情報

  • tuned.conf(5) man ページ