Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

20.2. perf レポートを使用して実行した CPU サンプルの表示

perf record コマンドはパフォーマンスデータをサンプルし、このデータを perf.data ファイルに保存します。このファイルは perf report コマンドで読み取ることができます。perf record コマンドは、どの CPU サンプルが発生したかを常に記録します。perf report を設定して、この情報を表示することができます。

前提条件

  • perf のインストール」で説明されているように、perf ユーザー領域ツールがインストールされている。
  • 現行ディレクトリーに perf recordperf.data ファイルが作成されている。perf.data ファイルが root アクセスで作成された場合は、root アクセスで perf report を実行する必要もあります。

手順

  • CPU でソートしながら、詳細な分析のために perf.data ファイルの内容を表示します。

    # perf report --sort cpu
    • CPU およびコマンドでソートすると、CPU 時間が費やされている場所に関する詳細情報を表示できます。

      # perf report --sort cpu,comm

      この例では、すべての監視 CPU からのコマンドを、オーバーヘッド使用量の降順で合計オーバーヘッドで一覧表示し、コマンドが実行された CPU を特定します。