Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

33.8. 翻訳されたバッファーサイズのページサイズの影響

ページテーブルからアドレスマッピングを読み取るのは、非常に時間がかかり、リソースの負荷が高くなります。そのため、CPU は、トランスレーションルックアサイドバッファー (TLB: Translation Lookaside Buffer) と呼ばれる、最近使用されたアドレスのキャッシュで構築されます。ただし、デフォルトの TLB は、特定のアドレスマッピングのみをキャッシュできます。

要求されたアドレスマッピングが TLB ミスと呼ばれる TLB にない場合、システムはページテーブルを読み込んで、物理から仮想アドレスへのマッピングを判断する必要があります。アプリケーションメモリー要件と、アドレスマッピングのキャッシュに使用されるページサイズ間の関係により、メモリー要件が高いアプリケーションは、最小限であるアプリケーションと比べて、TLB ミスによるパフォーマンスの低下の影響が高くなる可能性があります。したがって、可能であれば TLB ミスを回避するためには重要です。

HugeTLBとTransparent Huge Pageの両機能により、アプリケーションは4KB以上のページを使用することができます。これにより、TLB に保存されているアドレスはより多くのメモリーを参照できます。これにより、TLB ミスが軽減され、アプリケーションのパフォーマンスが向上します。