Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第29章 スケジューリングポリシーの調整

Red Hat Enterprise Linux では、プロセス実行の最小単位はスレッドと呼ばれます。システムスケジューラーは、スレッドを実行するプロセッサーと、スレッドの実行期間を決定します。ただし、スケジューラーの主な懸念はシステムをビジーに維持することであるため、アプリケーションのパフォーマンスに対してスレッドを最適にスケジュールしない場合があります。

たとえば、NUMA システムのアプリケーションがノード A で実行され、ノード B のプロセッサーが利用可能になるとします。プロセッサーをノード B でビジー状態に維持するために、スケジューラーはアプリケーションのスレッドのいずれかをノード B に移動します。ただし、アプリケーションスレッドは依然としてノード A のメモリーにアクセスする必要があります。ただし、スレッドがノード B で実行され、ノード A のメモリーがスレッドに対してローカルにならないため、このメモリーへのアクセスには時間がかかります。そのため、スレッドがノード B での実行を終了するには、ノード A のプロセッサーが利用可能になるまで待機してから、ローカルメモリーアクセスで元のノードでスレッドを実行するよりも時間がかかる場合があります。

29.1. スケジューリングポリシーの分類

パフォーマンス重視のアプリケーションには、多くの場合、スレッドが実行される場所を決定する手段や管理者の恩恵を受けることができます。Linux スケジューラーは、スレッドの実行場所と実行期間を決定する複数のスケジューリングポリシーを実装します。

以下は、スケジューリングポリシーの主なカテゴリーです。

通常のポリシー
通常スレッドは、通常の優先度のタスクに使用されます。
リアルタイムポリシー

リアルタイムポリシーは、中断なしで完了する必要のある時間的制約のあるタスクに使用されます。リアルタイムスレッドは、タイムスライスの対象ではありません。つまり、スレッドは、ブロック、終了、展開、または優先度の高いスレッドによってプリエンプションされるまで実行されます。

最も優先度の低いリアルタイムスレッドは、通常のポリシーを持つスレッドの前にスケジュールされます。詳しくは、Static priority scheduling with SCHED_FIFO および Round robin priority scheduling with SCHED_RRをご覧ください。

関連情報

  • sched(7)sched_setaffinity(2)sched_getaffinity(2)sched_setscheduler(2)、および sched_getscheduler(2) の man ページ