Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

29.5. スケジューラーポリシーの設定

chrt コマンドラインツールを使用してスケジューラーポリシーおよび優先順位を確認し、調整します。これは、必要なプロパティーで新規プロセスを開始したり、実行中のプロセスのプロパティーを変更したりできます。また、ランタイム時にポリシーを設定するのにも使用できます。

手順

  1. アクティブなプロセスのプロセス ID (PID) を表示します。

    # ps

    ps コマンドで --pid または -p オプションを使用して、特定の PID の詳細を表示します。

  2. 特定のプロセスのスケジューリングポリシー、PID、および優先順位を確認します。

    # chrt -p 468
    pid 468's current scheduling policy: SCHED_FIFO
    pid 468's current scheduling priority: 85
    
    # chrt -p 476
    pid 476's current scheduling policy: SCHED_OTHER
    pid 476's current scheduling priority: 0

    ここで、468476 はプロセスの PID です。

  3. プロセスのスケジューリングポリシーを設定します。

    1. たとえば、PID 1000 のプロセスを、優先度が 50SCHED_FIFO に設定するには、以下を実行します。

      # chrt -f -p 50 1000
    2. たとえば、PID 1000 のプロセスを、優先度が 0SCHED_OTHER に設定するには、以下を実行します。

      # chrt -o -p 0 1000
    3. たとえば、PID 1000 のプロセスを、優先度が 10SCHED_RR に設定するには、以下を実行します。

      # chrt -r -p 10 1000
    4. 特定のポリシーおよび優先度で新規アプリケーションを開始するには、アプリケーションの名前を指定します。

      # chrt -f 36 /bin/my-app