Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

33.6. 透過的な HugePage の有効化

Red Hat Enterprise Linux 8 では、THP がデフォルトで有効になっています。ただし、THP を有効または無効にすることができます。

この手順では、THP を有効にする方法を説明します。

手順

  1. THP の現在の状態を確認します。

    # cat /sys/kernel/mm/transparent_hugepage/enabled
  2. THP を有効にします。

    # echo always > /sys/kernel/mm/transparent_hugepage/enabled
  3. アプリケーションが、必要以上のメモリーリソースを割り当てないようにするには、システム全体の透過的な Huge Page を無効にし、madvise を介して明示的に要求するアプリケーションに対してのみ有効にします。

    # echo madvise > /sys/kernel/mm/transparent_hugepage/enabled
注記

短期的な割り当てのレイテンシーが低くなると、有効期間の長い割り当てで最適パフォーマンスをすぐに実現するよりも優先度が高くなります。この場合は、THP を有効にしたままでも直接圧縮を無効にできます。

直接圧縮は、Huge Page の割り当て中の同期メモリー圧縮です。直接圧縮を無効にすると、メモリーの保存は保証されませんが、頻繁なページ障害の発生時にレイテンシーが高くなる可能性が減ります。ワークロードが THP から著しく異なる場合に、パフォーマンスが低下する点に注意してください。直接圧縮を無効にします。

# echo madvise > /sys/kernel/mm/transparent_hugepage/defrag

関連情報