Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

2.12. Tuned プロファイルの設定

この手順では、システムで選択した Tuned プロファイルを有効にします。

前提条件

手順

  1. 必要に応じて、Tuned が、システムに最も適したプロファイルを推奨するようにできます。

    # tuned-adm recommend
    
    balanced
  2. プロファイルをアクティブ化します。

    # tuned-adm profile selected-profile

    または、複数のプロファイルの組み合わせをアクティベートできます。

    # tuned-adm profile profile1 profile2

    例2.3 低消費電力向けに最適化された仮想マシン

    以下の例では、仮想マシンでの実行でパフォーマンスを最大化するようにシステムが最適化され、同時に、(低消費電力が最優先である場合は) 低消費電力を実現するようにシステムがチューニングされます。

    # tuned-adm profile virtual-guest powersave
  3. システムの現在アクティブな Tuned プロファイルを表示します。

    # tuned-adm active
    
    Current active profile: selected-profile
  4. システムを再起動します。

    # reboot

検証手順

  • Tuned プロファイルがアクティブで適用されていることを確認します。

    $ tuned-adm verify
    
    Verfication succeeded, current system settings match the preset profile.
    See tuned log file ('/var/log/tuned/tuned.log') for details.

関連情報

  • tuned-adm(8) の man ページ