Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

29.8. 優先順位マップ

優先度はグループで定義され、特定のカーネル機能専用のグループもあります。リアルタイムスケジューリングポリシーでは、1 (最も低い優先度) から 99 (最も高い優先度) までの整数を使用できます。

次の表は、プロセスのスケジューリングポリシーを設定する際に使用できる優先度の範囲を示しています。

表29.2 優先度範囲の説明

優先度スレッド詳細

1

優先度が低いカーネルスレッド

通常、この優先度は SCHED_OTHER を上回る必要があるタスク用に予約されます。

2 - 49

利用可能

標準的なアプリケーションの優先度に使用される範囲。

50

デフォルトの hard-IRQ 値

 

51 - 98

優先度の高いスレッド

この範囲は、定期的に実行されるスレッドと、迅速な応答時間に使用します。CPU にバインドされたスレッドには割り込みが必要になるため、この範囲を使用しないでください。

99

ウォッチドッグおよび移行

最も高い優先順位で実行される必要があるシステムスレッド。