Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

15.3. PowerTOP の統計

PowerTOP は、実行中に、システムから統計を収集します。

PowerTOP の出力には、複数のタブがあります。

  • Overview
  • idle stats
  • Frequency stats
  • Device stats
  • Tunables

Tab キーおよび Shift+ Tab キーを使用して、このタブを順番に切り替えることができます。

15.3.1. Overview タブ

Overview タブでは、ウェイクアップを最も頻繁に CPU に送信するか、最も電力を消費するコンポーネントの一覧を表示できます。プロセス、割り込み、デバイス、その他のリソースなど、Overview タブの項目は、使用率に従って並べ替えられます。

Overview タブで隣接する列は、以下の情報を提供します。

Usage
リソース使用の電力想定。
Events/s
1 秒あたりウェイクアップ。1 秒あたりのウェイクアップ数は、サービスまたはデバイス、ならびにカーネルのドライバーがいかに効率的に実行しているかを示します。ウェイクアップが少ないほど、消費電力が少なくなります。コンポーネントは、電力使用率をどの程度まで最適化できるかによって順序付けられます。
Category
プロセス、デバイス、タイマーなどのコンポーネントの分類。
説明
コンポーネントの説明。

適切に調整すると、最初の列にリストされているすべての項目に対する電力消費予測も表示されます。

これとは別に、Overview タブには、次のようなサマリー統計の行が含まれます。

  • 合計電力消費
  • バッテリーの残り寿命 (該当する場合)
  • 1 秒あたりの合計ウェイクアップ数、1 秒あたり GPU 操作数、および 1 秒あたりの仮想ファイルシステム操作数の概要