Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

2.6. RHEL と一緒に配布される Tuned プロファイル

以下は、Red Hat Enterprise Linux で、Tuned とともにインストールされるプロファイルのリストです。

注記

さらに製品固有なプロファイルまたはサードパーティー製の Tuned プロファイルが利用可能なことがあります。このようなプロファイルは通常、個別の RPM パッケージで提供されます。

balanced

デフォルトの省電力プロファイル。パフォーマンスと電力消費のバランスを取ることが目的です。可能な限り、自動スケーリングと自動チューニングを使用します。唯一の欠点はレイテンシーが増加することです。現在の Tuned リリースでは、CPU、ディスク、音声、および動画のプラグインが有効になり、CPU ガバナー conservative がアクティブになります。radeon_powersave オプションは、dpm-balanced 値に対応している場合はその値を使用し、それ以外の場合は auto に設定されます。

energy_performance_preference 属性を normal の電力設定に変更します。また、scaling_governor ポリシー属性を conservative または powersave CPU ガバナーのいずれかに変更します。

powersave

省電力パフォーマンスを最大化するプロファイル。実際の電力消費を最小化するためにパフォーマンスを調整できます。現行の Tuned リリースでは、SATA ホストアダプターの USB 自動サスペンド、WiFi の省電力、およびアグレッシブリンク電源管理 (ALPM) の省電力を有効にします。また、ウェイクアップ率が低いシステムのマルチコア省電力がスケジュールされ、ondemand ガバナーがアクティブ化されます。さらに、AC97 音声省電力と、システムに応じて HDA-Intel 省電力 (10 秒のタイムアウト) が有効になります。KMS が有効なサポート対象の Radeon グラフィックカードがシステムに搭載されている場合、プロファイルは自動省電力に設定されます。ASUS Eee PC では、動的な Super Hybrid Engine が有効になります。

energy_performance_preference 属性を powersave または power 電力設定に変更します。また、scaling_governor ポリシー属性を ondemand または powersave CPU ガバナーのいずれかに変更します。

注記

場合によっては、balanced プロファイルの方が、powersave プロファイルよりも効率的です。

定義された量の作業を行う場合 (たとえば、動画ファイルをトランスコードする必要がある場合) を考えてください。トランスコードがフルパワーで実行される場合に、マシンの電力消費が少なくなることがあります。これは、タスクがすぐに完了し、マシンがアイドル状態になり、非常に効率的な省電力モードに自動的に切り替わることがあるためです。その一方で、調整されたマシンでファイルをトランスコードすると、マシンはトランスコード中に少ない電力を消費しますが、処理に時間がかかり、全体的な消費電力は高くなることがあります。

このため、一般的に balanced プロファイルが優れたオプションになる場合があります。

throughput-performance

高スループットに最適化されたサーバープロファイル。これにより、節電メカニズムが無効になり、sysctl が有効になるため、ディスクおよびネットワーク IO のスループットパフォーマンスが向上します。CPU ガバナーは performance に設定されます。

energy_performance_preference および scaling_governor 属性を performance プロファイルに変更します。

accelerator-performance
accelerator-performance プロファイルには、throughput-performance プロファイルと同じチューニングが含まれます。さらに、CPU を低い C 状態にロックし、レイテンシーが 100us 未満になるようにします。これにより、GPU などの特定のアクセラレーターのパフォーマンスが向上します。
latency-performance

低レイテンシーに最適化されたサーバープロファイル。省電力メカニズムが無効になり、レイテンシーを向上させる sysctl 設定が有効になります。CPU ガバナーは performance に設定され、CPU は低い C 状態にロックされます (PM QoS を使用)。

energy_performance_preference および scaling_governor 属性を performance プロファイルに変更します。

network-latency

低レイテンシーネットワークチューニング向けプロファイル。latency-performance プロファイルに基づきます。さらに、透過的な huge page と NUMA 分散を無効にし、他のいくつかのネットワーク関連の sysctl パラメーターの調整を行います。

latency-performance プロファイルを継承します。また、energy_performance_preference および scaling_governor 属性を performance プロファイルに変更します。

hpc-compute
高パフォーマンスコンピューティング向けに最適化されたプロファイル。latency-performance プロファイルに基づきます。
network-throughput

スループットネットワークチューニング向けプロファイル。throughput-performance プロファイルに基づきます。さらに、カーネルネットワークバッファーを増やします。

latency-performance または throughput-performance プロファイルのいずれかを継承します。また、energy_performance_preference および scaling_governor 属性を performance プロファイルに変更します。

virtual-guest

throughput-performance プロファイルに基づく Red Hat Enterprise 8 仮想マシンおよび VMWare ゲスト向けプロファイル。仮想メモリーのスワップの減少や、ディスクの readahead 値の増加などが行われます。ディスクバリアは無効になりません。

throughput-performance プロファイルを継承します。また、energy_performance_preference および scaling_governor 属性を performance プロファイルに変更します。

virtual-host

throughput-performance プロファイルに基づいて仮想ホスト用に設計されたプロファイル。他のタスクの中でも特に、仮想メモリーのスワップを減らし、ディスクの先読み値を増やし、ダーティーページの書き戻しというより積極的な値を可能にします。

throughput-performance プロファイルを継承します。また、energy_performance_preference および scaling_governor 属性を performance プロファイルに変更します。

oracle
Oracle データベース向けに最適化されたプロファイルは、throughput-performance プロファイルに基づいて読み込まれます。これにより Transparent Huge Page が無効になり、その他のパフォーマンス関連カーネルパラメーターが変更されます。このプロファイルは、tuned-profiles-oracle パッケージで利用できます。
desktop
balanced プロファイルに基づく、デスクトップに最適化されたプロファイル。対話型アプリケーションの応答を向上させるスケジューラーオートグループが有効になります。
cpu-partitioning

cpu-partitioning プロファイルは、システムの CPU を、分離されたハウスキーピングの CPU に分割します。分離された CPU のジッターと割り込みを減らすために、プロファイルは分離された CPU を、ユーザー空間プロセス、可動カーネルスレッド、割り込みハンドラー、およびカーネルタイマーから削除します。

ハウスキーピング CPU は、すべてのサービス、シェルプロセス、およびカーネルスレッドを実行できます。

/etc/tuned/cpu-partitioning-variables.conf ファイルで cpu-partitioning プロファイルを設定できます。設定オプションは以下のようになります。

isolated_cores=cpu-list
分離する CPU を一覧表示します。分離された CPU の一覧はコンマで区切るか、ユーザーが範囲を指定できます。3-5 のようにハイフンを使用して範囲を指定できます。このオプションは必須です。この一覧にない CPU は、自動的にハウスキーピング CPU と見なされます。
no_balance_cores=cpu-list
システム全体のプロセスの負荷分散時に、カーネルに考慮されない CPU の一覧を表示します。このオプションは任意です。通常、これは isolated_cores と同じリストです。

cpu-partitioning の詳細は、man ページの tuned-profiles-cpu-partitioning(7) を参照してください。

optimize-serial-console

printk 値を減らすことで、シリアルコンソールへの I/O アクティビティーを調整するプロファイル。これにより、シリアルコンソールの応答性が向上します。このプロファイルは、他のプロファイルのオーバーレイとして使用することが意図されています。以下に例を示します。

# tuned-adm profile throughput-performance optimize-serial-console
mssql
Microsoft SQL Server に提供されるプロファイル。これは thoguhput-performance プロファイルに基づいています。
intel-sst

ユーザー定義の Intel Speed Select Technology 設定で最適化されたプロファイル。このプロファイルは、他のプロファイルのオーバーレイとして使用することが意図されています。以下に例を示します。

# tuned-adm profile cpu-partitioning intel-sst