Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第6章 PCP の設定

Performance Co-Pilot (PCP) は、システムレベルのパフォーマンス測定を監視、視覚化、保存、および分析するためのツール、サービス、およびライブラリーのスイートです。

本セクションでは、システムに PCP をインストールして有効にする方法を説明します。

6.1. PCP の概要

Python、Perl、C++、および C のインターフェースを使用したパフォーマンスメトリックを追加できます。分析ツールは、Python、C++、C のクライアント API を直接使用でき、豊富な Web アプリケーションは、JSON インターフェースを使用して利用可能なすべてのパフォーマンスデータを調べることができます。

ライブ結果とアーカイブされたデータを比較して、データパターンを解析できます。

PCP の機能:

  • 軽量の分散アーキテクチャ。複雑なシステムの集中分析に役に立ちます。
  • これにより、リアルタイムデータの監視および管理が可能になります。
  • これにより、履歴データのログおよび取得が可能になります。

PCP には以下のコンポーネントがあります。

  • Performance Metric Collector Daemon (pmcd) は、インストールされている Performance Metric Domain Agents (pmda) からパフォーマンスデータを収集します。PMDA は、システムで個別にロードまたはアンロードでき、同じホストの PMCD によって制御されます。
  • pminfopmstat などのさまざまなクライアントツールは、同じホストまたはネットワーク上でこのデータを取得、表示、アーカイブ、処理できます。
  • pcp パッケージは、コマンドラインツールと、基本的な機能を提供します。
  • pcp-gui パッケージは、グラフィカルアプリケーションを提供します。yum install pcp-gui コマンドを実行して、pcp-gui パッケージをインストールします。詳細は、「Visually tracing PCP log archives with the PCP Charts application」を参照してください。