Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第17章 CPU 周波数を調整してエネルギー消費を最適化

必要な CPUfreq ガバナーをセットアップした後、利用可能な cpupower コマンドを使用して、システムの CPU 速度を要件に応じて設定すると、システムの電力消費を最適化できます。

17.1. 対応している cpupower ツールコマンド

cpupower ツールは、プロセッサーの省電力関連機能を調べ、調整するツールの集合です。

cpupower ツールは、以下のコマンドに対応します。

idle-info
cpupower idle-info コマンドを使用して、CPU アイドルドライバーで利用可能なアイドル状態と、そのほかの統計情報を表示します。詳細は、CPU Idle States を参照してください。
idle-set
cpupower idle-set コマンドを root で実行して、CPU アイドル状態を有効または無効にします。特定の CPU アイドル状態を -d を使用して無効にし、-e を使用して有効にします。
frequency-info
cpupower frequency-info コマンドを使用して、現在の cpufreq ドライバーと、利用可能な cpufreq ガバナーを表示します。詳細は、CPUfreq driversCore CPUfreq Governors、および Intel P-state CPUfreq governors を参照してください。
frequency-set
root で cpupower frequency-set コマンドを使用し、cpufreq とガバナーを設定します。詳細は、Setting up CPUfreq governor を参照してください。
set

root で cpupower set コマンドを実行して、プロセッサーの省電力ポリシーを設定します。

--perf-bias オプションを使用すると、対応している Intel プロセッサーでソフトウェアを有効にして、最適なパフォーマンスと省電力のバランスを判断できます。割り当てる値は 0 から 15 まであり、0 はパフォーマンスを最適化し、15 は電力効率を最適化します。デフォルトでは、--perf-bias はすべてのコアに適用されます。個々のコアにのみ適用するには、--cpu cpulist を追加します。

info

cpupower set コマンドで有効にしたプロセッサー電源関連の設定およびハードウェア設定を表示します。たとえば、--perf-bias5 として割り当てるとします。

# cpupower set --perf-bias 5
# cpupower info
analyzing CPU 0:
perf-bias: 5
monitor

cpupower monitor コマンドを使用して、アイドル状態の統計情報と、CPU 要求を表示します。

# cpupower monitor
 | Nehalem       || Mperf    ||Idle_Stats
 CPU| C3   | C6   | PC3  | PC6  || C0   | Cx   | Freq || POLL | C1   | C1E  | C3   | C6   | C7s  | C8   | C9   | C10
   0|  1.95| 55.12|  0.00|  0.00||  4.21| 95.79|  3875||  0.00|  0.68|  2.07|  3.39| 88.77|  0.00|  0.00|  0.00| 0.00
[...]

-l オプションを使用すると、システムで利用可能なモニターの一覧を表示し、-m オプションを使用して、特定のモニターに関する情報を表示することができます。たとえば、Mperf モニターに関連する情報を監視する場合は、root で cpupower monitor -m Mperf コマンドを実行します。

関連情報

  • man ページの cpupower(1)cpupower-idle-info(1)cpupower-idle-set(1)cpupower-frequency-set(1)cpupower-frequency-info(1)cpupower-set(1)cpupower-info(1)、および cpupower-monitor(1)