Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

19.10. perf が一部の関数名を raw 関数アドレスとして表示する理由

カーネル関数の場合は、perf/proc/kallsyms ファイルからの情報を使用して、サンプルをそれぞれの関数名またはシンボルにマッピングします。ただし、ユーザー空間で実行される関数については、バイナリーがストライピングされるので、raw 機能のアドレスが表示される可能性があります。

実行ファイルの debuginfo パッケージがインストールされているか、または実行ファイルがローカルで開発したアプリケーションである場合は、アプリケーションがデバッグ情報 (GCC の -g オプション) を有効にしてコンパイルされ、このような状況で関数名またはシンボルが表示される必要があります。

注記

実行ファイルに関連するdebuginfoをインストールした後に、perf recordコマンドを再度実行する必要はありません。単純に、perf reportコマンドを再実行してください。