Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

3.9. Tunedプロファイルの変数

Tuned プロファイルがアクティブになると、実行時に変数が拡張されます。

Tuned 変数は、Tuned プロファイルで必要な入力量を減らします。

Tuned プロファイルには、あらかじめ定義された変数がありません。プロファイルに [variables] セクションを作成し、以下の構文を使用すると、独自の変数を定義できます。

[variables]

variable_name=value

プロファイル内の変数の値を展開するには、以下の構文を使用します。

${variable_name}

例3.8 変数を使用した CPU コアの分離

以下の例では、${isolated_cores} 変数が 1,2 に展開されるため、カーネルは isolcpus=1,2 オプションで起動します。

[variables]
isolated_cores=1,2

[bootloader]
cmdline=isolcpus=${isolated_cores}

変数は個別のファイルで指定できます。たとえば、次の行を tuned.conf に追加できます。

[variables]
include=/etc/tuned/my-variables.conf

[bootloader]
cmdline=isolcpus=${isolated_cores}

isolated_cores=1,2 オプションを /etc/tuned/my-variables.conf ファイルに追加すると、カーネルが isolcpus=1,2 オプションで起動します。

関連情報

  • tuned.conf(5) の man ページ